たとえ書くヒマはなくても、作成中のテキストを振り返っておこう

スポンサーリンク

ブログや小説など、アマチュアで書きものをしている人向け(あるいは、副業で書きものをしている人向け)の話です。

そういった人の場合、本業の仕事が忙しくてなかなか執筆時間がとれない、ということがあると思います。そして、しばらく執筆から離れているうちに億劫になってきて、いざ時間がとれても手をつける気にならなかったりする……。

そのようなケースを防ぐためには、ちょっと時間が空いたとき、作成中のテキストを振り返っておきましょう。

テキストを振り返る際、特に続きを書く必要はありません。最後に書いた部分を少しだけ読み返す。それだけで充分です。

執筆から離れているうちに億劫になってしまうのは、意識がテキストから離れてしまうからです。こうしてたびたび振り返っておくことで、意識を離さずに済むようになります。

前提として、テキストがクラウド同期できることが条件です。

これは、パソコンで執筆したものをスマホでも確認するためです。たとえば、GoogleドキュメントやEvernoteなど。もちろんMS OfficeやMacのPagesでも、それぞれOneDriveやiCloudを利用することでクラウド同期ができるようになります。

最近はクラウド同期が当たり前になってきているので、この辺の選択肢で困ることはないでしょう。

この方法は、時間がないときや疲れているときにおすすめです。以前はこういうことは不可能でしたが、スマホとクラウドサービスのおかげで可能になりました。まさに、スマホ時代ならではの利点といえます。積極的に活用していきましょう。