IGNの「ゲームにストーリーは必要?」を読んで

スポンサーリンク

ゲームメディアのIGN JAPANに「ゲームにストーリーは必要? ゲームらしいストーリーテリングとは?」という記事が掲載されています。この記事がとても興味深い内容だったので紹介したいと思います。以下にリンクを貼っておくので、ぜひ一度は読んでみてください。

jp.ign.com

ゲームにおけるストーリーの歴史

IGNの記事では、ゲームにおけるストーリーの歴史が解説されています。ストーリーゲームとRPGの関わり、初代『ドラゴンクエスト』の登場とそれ以降、プレイヤーの行動の自由とシナリオのジレンマ、『ファイナルファンタジーⅦ』や『バイオハザード』に見られるシネマティックな演出、ゲームのフルボイス化、テキストを最小限に控えたゲームの登場等、この記事を読めば、それら歴史の流れを俯瞰してつかむことができるようになっており、その点において非常に価値があります。

特に重要なのは、ゲームとそれ以外におけるストーリーが果たす役割を簡潔に表した、次の一文でしょう。

物語を傍観するのではなく、その登場人物に自分の身をおいてみることで小説や映画では表現できない種類の感情移入が得られる。主人公が無個性だったり、しゃべらなかったりするという他のメディアではめったに見られない傾向があるのも、プレイヤー自身が主人公であるという思想に基づいた現象だろう。

映画的表現がスタンダードになったことへの違和感

IGNの筆者は、映画らしい表現がストーリーテリングのスタンダードになったことについて、「だが、違うメディアをベースとしたストーリーテリングがスタンダードとされることには違和感を覚える」と述べています。

この感覚は、個人的にも同意します。というのも、最近のゲームをプレイしていて「なんか冗長だな」と感じることが多いからです。その原因は、ゲームの合間に挿入されるムービーシーンにあります。ムービーシーンの最中、プレイヤーはキャラクターを動かすことができません。仮に動かせたとしても、それは「ちょっとボタンを押す」程度のものです。ムービーシーンでキャラクターが勝手に動くことの問題は、プレイ時間がムービーのぶんだけ無闇に伸びてしまうと同時に、そのキャラクターとの一体感が薄れてしまう点にあります。

私は上記の『ファイナルファンタジーⅦ』や『バイオハザード』が登場したときに子供だった世代なので、ゲームにムービーシーンが挿入されることには理解があるつもりです。しかし、それでもなお、最近は「ムービーを減らしてほしい」と思うことが多々あります。

ゲームにおける「良いストーリー」とは

では、ゲームにおける「良いストーリー」とはどのようなものでしょうか? ひと口にゲームといっても様々なジャンルがあるので「具体的にこう」とは言えないのですが、それでも以下に挙げるような点は重要です。

  • ストーリーに驚きがあること。
  • ストーリーとシステムが一体になっていること。
  • プレイヤーの体験を重視していること。

これらの点がきちんと押さえられていれば、プレイヤーにより良い体験を提供することができるでしょう。今後のゲーム業界におけるストーリーテリングの進化に期待しています。