哀しみ・ストレス・不幸

仕事中、哀しみが襲ってきた。

誰もいない会議室でひとり泣いていた。

涙が止まったあと、ティッシュで机を拭いた。

拭きながら、もし自分がコロナだったら、この液体に触れた人は感染しちゃうな、と思った。

その後は泣かなかったが、胸が痛かった。

愛が手に入らない哀しみ。人生の無価値さから来るストレス。

帰宅後、ふと夕刊の記事が目に止まった。

新型コロナの影響で障害者雇用が激減しているというニュースだった。

職を探して彷徨っている50代男性の様子が書かれていた。

この男性に比べたら、自分はマシなのか?

職が見つからない障害者に比べて、自分は幸せなのか?

違う。

幸せなんかじゃない。

職とはお金を得るための手段だ。

お金は、幸せとは違う。生活を引き伸ばすための道具だ。

彼らと自分の違いは、死の瞬間を引き伸ばせるかどうかという差でしかない。

いくら死の瞬間を引き伸ばしたところで、幸せでないなら大差ない。

この自分の人生は、まちがいなく不幸だ。