秘技、三段眠りの術

昨日は土曜日。当然のごとく会社は休み。正社員のなかには土曜日も働いている人もいるという噂だが、自分は月〜金の5日間で充分です。これ以上は働きたくない。

実際は水曜日は診察日だったので休みだったのだが、前回の日記で書いたとおり、市役所に行っていろいろ更新手続きをやったのでまったく休めなかった。

そんなわけで待ちに待った休日。

朝、9時半頃に目覚める。この時点で身体がだるく、疲れがとれていない気配がある。目覚めてしまったのはエナジーが枯渇したからだろうと思い、軽くパンを食べて再び眠りにつく。

午後、13時になる少し前に目覚める。まだ眠気が残っている。またエナジーが枯渇したんだなと思い、昼食をとって、ベッドに戻った。眠りにつき、17時半になってようやく本格的に起きた。

眠る → 目覚める → 食べる → また眠る。これを3度、繰り返すことでコールドスリープに近い状態になり、身体の回復力を大幅に上げる。これぞ秘技、三段眠りの術なり……!

まあ、実際には完璧に回復するわけではなく、17時半以降も身体が重くてつらかったわけだが。

それでも三段眠りの術を実行することにより、日曜日に疲労を持ち越すことはなくなる。この術の本質は丸1日を生贄に捧げることにより、翌日の休日感を堪能することにあるのだ。

というわけで、今日は調子が良いです。