腕のしびれは疲労のサイン

昨日のことを書こう。昨日は土曜日だった(自明)。うろ覚えだが、確か10時頃に起床した。Fitbitの計測によると8時間50分は睡眠しており、いつもなら「充分に眠れたな」と思うところだが、身体に異常を感知したので食後にまたベッドへ戻った。

異常とは、左腕にしびれがあることだった。実を言うと、腕にしびれを感じるのは割とよくあることであり、これまでの経験から、これは疲労が蓄積しているサインだと判明している。

そういうわけで、なにもせずにベッドで横になっていた。途中から猫がやってきて、両脚のあいだに挟まってすやすや眠りはじめた。

横になっているあいだ、ふたつのことを考えた。自分を信じることについて、そして愛について。

「自分を信じること」に関しては、大まかに以下の3つに区別できることがわかった。

  • 自分の感性を信じる。
  • 自分の考えを信じる。
  • 自分の幸福を信じる。

これについては、次のエッセイのネタにしようかと思っている。

愛に関しては、単に自分が好きな人と恋愛する妄想をしていただけで、ゲームを遊んでいる感覚に近い。妄想のなかでしか恋愛できない人生なのだ。

15時半から眠りに入り、18時頃に目覚めた。左腕のしびれは消えていた。

念の為、その後も肉体や精神に負荷がかかるようなことはせず、おとなしく過ごしていた。

妄想国語辞典

妄想国語辞典

  • 作者:野澤 幸司
  • 発売日: 2019/06/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)