体調は改善傾向、されど虚しさは不滅の如く

診察日が近づいてきた。ここでひとつ、近況をまとめておこう。

勤務時間の後半になると胸に痛みが出てくる件だが、これは最近、ましになってきた。環境に慣れてきたということだろう。ずっと座ってばかりなのも健康に悪いので、適当なところで社内を散歩するようにもした。

負荷が高い業務だとやはり痛みを感じるが、全体的には問題ない。

一番の悩みだった睡眠は、なるべく早めに寝ることで7時間以上の睡眠はキープできるようになってきた。前回の診察後に薬が変わったことも影響しているかもしれない。

とはいえ、睡眠自体の浅さは変わらず、よく早朝に目覚めてしまう。そこから一度トイレに行って、少し緊張をほぐしてからベッドに戻り、じっとしていることで帳尻を合わせている感じ。

業務内容は、データ入力や雑事、とあるシステムの整備を手伝っている(ノットプログラミング労)。進捗はまったく順調。特に大きな問題もなく、クビにされる心配はなさそうだ。

新しい仕事をはじめてまだ2ヶ月なのだが、まあまあ順調なのではないかと思う。

以前は土日になると、昼もたっぷり眠らなければ体調が保たなかったが、そういうこともなくなってきた。普通に過ごせている。

しかし……心の奥底にある虚しさは一切変わっていない。

平たく言えば、人生に充実感がまったくないのだが、そこまで求めるのはわがままかな……という気持ちもある。

まあ、体調がましになってきただけでよしとしますか。