ダークソウルでレジリエンスを学ぶ

『ファイアーエムブレム 風化雪月』が終盤に差し掛かっている。2周めは時間をおいてからプレイするつもりなので、次は違うゲームに手を出そうと思っている。なにをやるか考えていたところ、『ダークソウル』のリマスター版がニンテンドースイッチで発売されていたことを思い出した。

ソウルシリーズは未経験で、以前から興味があった。そこでネット検索したところ、以下の記事を発見した。

www.famitsu.com

『ダークソウル』の紹介というより、「レジリエンス」の紹介なのだが、折れない心がほしいと願っている僕にはうってつけの記事だった。

この内容を、簡単にまとめておこう。

レジリエンスとは?

記事内では「心の回復力」と説明されている。防御力ではない、というところがミソだ。減ったHPが回復する速度のようなイメージだろうか。

ネガティブな思い込みを避ける

  • ~べき思考(絶対になにかを達成しなくてはならないと考える)
  • 自責思考(自分を責め続ける)
  • 悲観思考(ネガティブに考えすぎてしまう)

こういったものは心のダメージの原因となるため、矯正していかなくてはならない。ネガティブな思い込みをなくすことができればレジリエンスは高まる。

心を回復するアイテム

自信=自己効力感が心のダメージを回復させてくれる。自信が高い人はそれだけレジリエンスも高い。

しかし、負け続けていると自分を信じるのは難しくなる。

そこでポイントなのは、小さな成功を積み重ねていくこと。小さな成功体験を積み重ねて、だんだん大きなことにチャレンジしていけばいい。

レジリエンスを鍛えるためには

記事内では、「逆説的かもしれないが、折れない心を鍛えるためには、あきらめないことが大切」と語られている。なるほど。

成長の実感

最後のほうで、『ダークソウル』本編の感想が述べられている。ソウルシリーズは難しいことで有名だが、初プレイしてみたゆうすけ先生によると、「成長の実感が味わえるのがいい」とのこと。

たとえボスに勝てなくても、ちょっとずつ確実に自分が成長しているのがわかる。これだけでゲームを遊ぶ報酬になるんです。

これはレジリエンスという点でも重要だと感じた。「ちょっとずつ確実に自分が成長しているのがわかる」。これが自信につながるのではないか。

しかし、ゲームの世界とは異なり、現実の自分のステータスは数値化されていない。だから今の自分が成長しているのか、よくわからない。そのため、自分用の成長記録をつけるといいのかもしれない。

DARK SOULS REMASTERED - Switch

DARK SOULS REMASTERED - Switch