ストレングスファインダー結果まとめ

広告

ストレングスファインダー。それは自分の強みを発見するツール。才能を知り、伸ばすためのヒントになるツール。

今回、自己分析の一環としてやってみた。結果をまとめてみよう。

ストレングスファインダーの簡単な説明

まずは簡単な説明から。ストレングスファインダーは、才能を34の資質に分類している。公式サイト、またはスマホアプリから質問に答えていくことで、自分がどの資質に長けているのかわかるようになる。

診断の受け方は下記のサイトにまとまっている。参照せよ。

heart-lab.jp

診断は基本的に有料となる。課金方法は「書籍を買って付属のコードを使う」「公式サイトから課金」「スマホアプリから課金」の3種類があるが、おすすめなのは書籍を買う方法だ。

書籍は、まえがきの部分が面白い。「努力すれば何にでもなりたいものになれる」は大嘘だ、ということが書かれている。また、社会は欠点を克服することを美化しすぎている、とも。

日本企業の人事異動などは、まさにこの「欠点を克服することの美化」が現れたものだろう。新卒入社してきた社員をいろいろな部署にまわし、欠点を克服することを期待している。

だが、ストレングスファインダーは、そのような思想を否定する。欠点を克服している暇があったら、自分の才能を伸ばすことにエネルギーを注いだほうが有益だ。人生のメモリを無駄遣いするな。

しかし、そうはいっても自分の才能を把握することは難しい。そこで、ストレングスファインダーの出番というわけだ。

なお、付属のコードを使う関係上、書籍は新品でなければならない。もし中古本を買って、そこに記載されているコードがすでに使用済みだった場合、そのコードは二度と使えない。要注意だ。

強みの方程式

そもそも人間の強みとはどうやって形作られるのだろうか。この疑問を、ストレングスファインダーでは以下の公式を使って説明している。

才能 × 投資=強み

  • 才能(頻繁に繰り返す思考、感情、行動パターン)
  • 投資(練習やスキル開発、知識を身につけるためのかける時間)
  • 強み(常に完璧に近い成果を生み出す能力)

要するに、自分の才能を知り、それに投資していけば、それが強みとなる。実にシンプルだ。

宇佐美 姫呂の資質トップ5

では、僕がやってみた結果を開帳しよう。僕の資質トップ5は以下のとおりになった。

  1. 内省
  2. 最上志向
  3. 着想
  4. 適応性
  5. 戦略性

ストレングスファインダーでは、それぞれの資質の解説はもちろんのこと、投資のための行動アイデアも同時に記載されている。そこで以下に、僕の資質内容と行動アイデアを簡潔にまとめてみよう。

内省

  • 知的な活動に多くの時間を費やす。
  • 考えることが好き。
  • ひとりの時間を楽しむ。

行動アイデア

  • 考えたことを日誌や日記に書き留めていく。
  • 考える時間をスケジュールに入れる。
  • 自分が「偉大な思想家」と考える人たちとは意識的に関係を築く。

最上志向

  • 優秀であること、平均ではなく。これが最上志向者の基準。
  • 強みを探し求める。いったん強みを発見すると、それを伸ばし、磨きをかけ、卓越したレベルまで高めずにはいられない。
  • 自分を型にはめ、弱点を克服させようとする人々を避ける傾向がある。

行動アイデア

  • ひとたび自身の一番の才能を発見したら、それに重点的に取り組む。
  • 自身の弱点を最小化する方法を考える。
  • 自身が持っている最上志向の資質を、「壊れているものを探して直せ」という社会通念で抑圧してはいけない。

着想

  • 着想とは結びつき。いつも結びつきを探している。
  • 誰でも知っている世の中の事柄を取り上げ、それをひっくり返すことに非常に喜びを感じる。
  • 目新しい、明瞭である、逆説的である、奇抜である、こうしたものが生まれるたびにエネルギーがほとばしる。

行動アイデア

  • 考えやアイデアを頭のなかでまとめてから、誰かに伝えるようにする。
  • 読書する時間をスケジュールに組み入れる。
  • アイデアがすべて現実的、実用的なわけではない。アイデアを編集することを学ぶ。

適応性

  • 今、この瞬間が最も重要と考える。
  • それぞれの時点で進む方向をひとつずつ選択することによって将来を見出す。
  • たとえ計画が予定通りにいかなくても、適応性の資質によって、そのときどきの状況に容易に対応することができる。

行動アイデア

  • 予定通りに行動することが求められる任務につくのは避ける。
  • 生まれ持った柔軟性を都合よく人に使われないようにする。
  • いち早く対応するための工夫をする。

戦略性

  • いろいろなものが乱雑にあるなかから、最終目的に合った最善の道筋を発見することができる。
  • 起こりうる障害の危険性を正確に予測することができる。
  • 自分の戦略にたどり着くまで、選択と切り捨てを繰り返す。

行動アイデア

  • 達成したい目標について、それに関連するパターンや問題がはっきりするまで熟考する時間をとる。
  • 何か起きたときの影響について、対応策を綿密に練るためにこの能力を活用する。
  • 可能なかぎり自分の直感的な洞察を信じる。

これらの内容を参考に、自分の強みを育てていくべし。以上。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0