最近の執筆環境について~Scrapboxでメモ、Dropbox Paperで本文

広告

誰の役に立つのかは知らないが、現在の自分の執筆環境について書いておきたい。願わくばこれを読んだ人に、ほんの1ミリでも発見があらんことを。

さて、タイトルですでに書いてしまっているが、基本的にメモはScrapboxを、本文執筆にはDropbox Paperを使用している。

共通点は、どちらもWebサービスだということだ。そのためインターネット環境が必須なのだが……これはもう、現代では問題にならないだろう。スマートフォンは常時ネットにつながっているし、PCを使いたい場合も、スマホからテザリングすればいい。フリーでWifiが利用できる場所もあちこちにある。

では、それぞれの特徴を見て行こう。まずはScrapboxからだ。

scrapbox.io

ScrapboxはWIKIシステムをベースにしたノート共有サービスだが、既存のWIKIとはまったく使い心地が異なる。

最大の特徴は「階層構造がない」という点だ。作成したノートの数々はフラットに並べられる。

では、どのように管理するのか? その答えは、リンクだ。Scrapboxはノート同士をリンクでつないだり、あるいはハッシュタグで関連付けたりすることができる。

そしてノートを開いたとき、最下部にリンクでつながっている関連ノートが表示されるようになっている。これを見ることで、情報のつながりをスムーズに把握することができるのだ。

このシステムの利点は、フォルダ構造と違い、ノートに複数の属性を付与できることだ。たとえば、あるアイデアをメモした際、そのノートに「猫」「かわいい」「癒し」など別々のタグをつけたり、あるいは、別のノートに直接リンクさせることもできる。

こうすることによって、あとで情報を探す際、検索で引っかかる可能性が格段に上がるのだ。しかも、ひとつの情報を発見したあと、芋づる式に別の有益な情報まで見つかるかもしれない。

これはまさに、アイデアを溜めておくのに最高の方法だ。階層構造ではこういうことはできない。Scrapboxは、まさにアイデアの広がりを扱うのにエクセレントなツールなのだ。

一方、本文の執筆ではDropbox Paperを使用している。

www.dropbox.com

こちらは、とにかくシンプルなのがいい。Wordのようにごちゃごちゃしていない。ドキュメントを作成すると真っ白な紙(ペーパー)のような画面が表示されて、あとはそこに文章を書いていくだけ。Markdown記法を使って見出し等を設定できるのもグッドポイント。

それでいてドキュメントの変更履歴をたどるという、今時の機能もちゃんと備えている。

一時期はScrapboxで長文を書こうとしたこともあったが、やはり、あっちはそうしたことには向いていないらしい。以前、試しに長文を書いてみたら、明らかにノートが重くなってしまった。

あと、これはデザインによるものだろうが、どうもDropbox Paperのほうが集中力が上がるようだ。

というわけで、現在のところ、このふたつのサービスを執筆に利用している。

似たようなサービスではGoogleドキュメントやEvernote等があるが、チョイスの決定打となったのは、やはり反応速度だ。ScrapboxもDropbox Paperも、ぱっと開いてぱっと書ける。その点が好きだ。

というより、僕はストレスに弱い体質で体調も崩れがちなので、スピードが早いサービスだとそのぶんストレスを減らすことができる。これが最も重要なのだ。

Scrapbox情報整理術

Scrapbox情報整理術

ゼロからはじめる Dropbox & Google Drive & OneDrive & Evernote スマートガイド

ゼロからはじめる Dropbox & Google Drive & OneDrive & Evernote スマートガイド