映画『キャプテン・マーベル』で微妙な気持ちに

広告

映画『キャプテン・マーベル』を見てきた。なんというか……微妙な映画だった。

いくつか面白いポイントはあるのだが、全体的に平板な展開。一応、ひねりをきかせたりはしているのだが、いまいち盛り上がらなかった。

まあ基本的にMCUのオリジンストーリーって映画としては普通の出来が多いから、本作もその例にもれなかったということなんだけど。

これの前に見たのが『アクアマン』だったのも影響しているかもしれない。あれは面白すぎた。

映像的に見応えのあるところはあまりなく、スクラル人が変身するシーンは面白いかな、という程度。ストーリー的にはテーマを語ることに集中している感じなのだが、そのテーマも「抑圧された女性の解放を描いておけばいいでしょ」という適当感がある。

一応、ひねりをきかせている部分はある。中盤で、それまでは敵方と思われていたスクラル人が、クリー帝国によって故郷を滅ぼされた難民であることが判明する。スクラル人といえば、原作コミックでは凶悪異星人として基本的に悪役のポジションなので、コミックファンは「裏をかかれた」と驚いたらしい。一方、僕はそんなにマーベルコミックのファンというわけではないので、「へー、そうなんだ」という感想。たぶん、コミックを知らない層も似たような感想だと思う。

それより、スクラル人の設定が「善良な難民」というステレオタイプになっていたことが残念だった。故郷を滅ぼされているのに一切復讐を考えていないとか善良すぎるだろう。しかも、ひとりやふたりではなく、集団全員が同じ意見という。しかも、地球に居着くでもなく、あるかどうかもわからない安住の地を探しに行ってくれるというお人好しぶり。

この映画、いろいろと現代の社会情勢を盛り込もうとしていることが見て取れるのだが、その描写が上記のスクラル人のような都合良さに満ちているため、むしろマイナスポイントになってしまっている。下手に余計なことはしないほうがいいという教訓だ。

あと、ニック・フューリーが片目を失った理由が本作で明らかになるのだが、その理由がなんともしょぼいものだったのも不満点だった。

そんなわけで、『キャプテン・マーベル』を見てきて微妙な気持ちになった。

まあ、もともと『アベンジャーズ/エンドゲーム』の公開が近すぎてレンタルを待っている暇がないから劇場に足を運んだだけだし、別にいいか。気を取り直そう。