これから年末へ

広告

たまには普通の日記を書こう。ちょうどそういう気分だ。

最近なにをやっていたのかというと、就労支援サービスの体験に行っていた。以前にもブログで触れたが、今のバイト先が来年で閉店することになったため、次の就職先を探すことになった。そこで、せっかくだから精神障害者向けの就労支援サービスを利用してみることにした。その体験をしてきたのである。

体験では、軽作業をやった。紙にクリップを挟む作業と、ビーズに糸を通す作業である。ADHDなど、ほかの障害だと難しいのかもしれないが、僕の持病は社交不安障害と鬱病なので、これらは問題なく行えた。難易度でいえば、『ファイアーエムブレム ヒーローズ』のタップバトル(カジュアルモード)並の簡単さだった。これで給料が発生すればまさしく理想労だったのだが……。

今回は体験だったので向こうが指定する作業を行ったが、実際に入ると、各自、自分の目標とする職種に向けて自習するのがメインになるらしい。貸出用のノートパソコンとネット回線もあるため、オンライン作業もできる。個人的にもPCをメインにした作業をやりたい。

さて、これから年末年始に入る。またバイトが忙しい季節になる。恐ろしい。今の時点ですでに恐怖を感じている。ヘリコプター内で戦場に投下されるのを待っている気分だ。

昨日は診察があり、主治医に年末年始の恐ろしさを伝えると、「なんとか生き延びてください」ということを言われた。はたして生き残れるのか……。

英気を養うため、帰りにレストランでカルボナーラを食べてきた。ソースがふわふわ甘々していて美味しかった。スパゲティの中ではカルボナーラこそ至高だと常々感じる。

願わくば、このカルボナーラが最後の晩餐とならないことを祈る。