Chromecastを初代から第3世代に買い替えた感想

スポンサーリンク

今年10月のGoogleのイベントでは発表されなかったが、Chromecastの第3世代がひっそりと登場した。

僕は初期型から買い替えることにした。快適な動画ライフを送りたかったからだ。

注文は公式のGoogleストアから行った。その後、だいたい1週間ほどで到着した。

Image

セットアップについて

セットアップの方法は簡単だ。テレビモニターのHDMI端子につないで、スマホのGoogle Homeアプリから連携するだけ。

Google HomeアプリはiOSとAndroidの両方が用意されている。以下のリンクからダウンロード可能だ。

Google Home

Google Home

  • Google, Inc.
  • ライフスタイル
  • 無料

play.google.com

簡単な感想

買い替えた感想としては、順当に性能がアップしている。主にNetflix用に使っているが、動画の表示が明らかに早くなった。また、デバイスの形状がドングル型から円形に変わったが、こちらのほうがテレビにつなぎやすい。

給電の問題

一方、少し問題も発生した。Netflixの動画が10分ほどで途切れてしまうのだ。

いろいろ調べたところ、給電の問題だとわかった。最初はChromecastをテレビのUSBポートにつないで給電していたのだが、これだとパワーが追いつかないのだ。そこで、Chromecastをコンセントから給電するようにしたらあっさり解決した。

初期型では、テレビからの給電で間に合っていた。おそらく、この問題は端末の性能がアップしたことに由来するものだろう。テレビ側の問題もあるかもしれない。いずれにせよ、テレビからの給電には期待しないほうがいい。

それ以外はまったく良好。快適な動画ライフを楽しんでいる。

おすすめは暖炉

これから冬になる。

寒くなってきたときは暖炉の動画を流すのがおすすめだ。部屋が暖かくなった気分を味わえるし、心なしか集中力も高まる。

暖炉の動画はYouTubeで検索すればすぐに見つかる。暖炉の気分を味わいたいという需要は世界的に多いらしく、なんと、Netflixにも暖炉の動画が用意されているほど。

ぜひ、Chromecastでバーチャル暖炉を楽しんでほしい。

store.google.com