『ロックマン11』の1周めをクリアしてみて

スポンサーリンク

ロックマンシリーズの最新作である『ロックマン11』をプレイし、とりあえず1周めをクリアした。このタイミングで簡単に感想を述べてみたい。

今作は、ロックマンらしいロックマンで、難しくも面白い。そして、今時のやりこみ要素も備えている。つまり、最高だということだ。

youtu.be

前作と前々作はファミコン風のドット2Dアクションだったが、今作では3D絵の横スクロールアクションになっており、最新ハード感を得られるようになっている。正直なところファミコン風の路線を続けられても困るので、この転換は支持したい。

難易度は全体的に難しいのだが、スタート前に難しさの度合いを選択することができる。また、ステージ中のネジを集めてロックマンを強化することも可能で、頑張ればクリアできるように調整されている(余程の下手でなければ)。

今作の特徴に「ダブルギアシステム」というのがある。これは良い新要素だった。

ダブルギアとは、ロックマンの攻撃力を強化する「パワーギア」と周囲の時間を遅くする「スピードギア」のこと。けっして初心者のための救済措置ではなく、むしろ積極的に使っていくことが推奨されている。

初見ステージや初見のボスではとにかく「スピードギア」を使って動きを観察することが重要。パワーギアはどちらかというとタイムアタックに必須。このシステムのおかげで戦略の幅が広がった。できれば次回作でも実装してほしい。

やりこみ要素は「チャレンジ」と呼ばれていて、タイムアタックはもちろんのこと、ボスラッシュや特殊ステージなど、さまざまな種類がある。

チャレンジはネット接続で他プレイヤーのリプレイ動画を見ることができ、これが面白い。発売から間もないのに、すでに変態的なプレイの数々が公開されている。このリプレイ動画から攻略のヒントがつかめることも多い。

各ボスの弱点武器は『ロックマン1』から連想すればだいたい合っていた(炎、雷、氷とか)。あとは物理学的に考えていけば初見でも正解することは難しくない。僕は初回プレイのとき、8大ボスのうち7人までは正解できた。

なんとなく今作からは『ロックマン1』のオマージュを感じる。具体的な箇所を述べてしまうとネタバレになりそうだから言わないけど。

現在は一番難しい「エキスパート」モードでクリアすることを目指している。ステージ中に回復アイテムが一切出ないことに加えて、ボスの攻撃もパワーアップしているからまったく油断できない。たまに緊張しすぎて心臓が爆発しそうになる。これだからロックマンは最高だ。

ロックマン11 運命の歯車!!  - Switch

ロックマン11 運命の歯車!! - Switch

ロックマン11 運命の歯車!! - PS4

ロックマン11 運命の歯車!! - PS4