数年前、iPhoneからAndroidに移行したのは正解だった

スポンサーリンク

Appleの新製品発表会があった。そこで新型のiPhoneが発表された。「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」の3機種だ。これら3つのiPhoneの特徴をごちゃごちゃと並べ立てる必要はない。どれも簡単に「iPhone Xのスペックアップ版です」と表せるからだ。ただ機種ごとに値段やサイズやカラーバリエーションが異なるだけだ。

www.apple.com

今回の発表を見て、数年前にiPhoneからAndroidに移行した自分の判断は、間違いではなかったと確信した。

僕が始めて買ったスマホはiPhone 5だった。そのときは心から感動した。ガラケーより使いやすいし、インターネットもサクサク閲覧できる。アプリで機能を拡張させることもできるし、カメラの性能も満足のいくものだった。

しかし、1年ほど経った頃、このままiPhoneを使い続けるべきなのか疑問に思った。Appleはユーザーを自社製品で囲い込むビジネス戦略を採用している。つまり、Apple製品に慣れれば慣れるほど、そこから離れがたくなる。特にiPhoneの場合、アプリに課金してしまうと、より一層、その傾向が顕著になる。

そこで問題になるのは、「iPhoneへの投資に見合うほど、自分はiPhoneを使いこなしているのか?」という点だ。iPhoneは、スマホの中では間違いなくハイエンドに属している。そのぶん、値段も高い。そして、この傾向が今後も続いていくのは明らかだった。となれば、自分の使用状況と照らし合わせて、値段に見合った価値があるのか問わなければならない。

答えは否だった。TwitterはAndroidでもできるし、カメラ性能も、ハイレベルなものは自分には必要ない。ゲームに関しても遊びたいタイトルはマルチプラットフォームだった。また、メモを書いたり、メールやLINEをしたり、タスクを管理したりするのもAndroidで充分だった。

ちょうどその頃、MVNOの存在を知った。自分で設定する手間はあるものの、このサービスを利用すれば、月々の携帯代を安くすることが可能だった。

僕は決断した。次のスマホを買うときは、MVNOでAndroid端末を利用しようと。そして時が経ち、GoogleのNexus 5を買った。予想通り、Androidでもまったく問題がなかった。さすがに今はもう別の端末に移行したが、OSがAndroidなのは変わっていない。

MVNOでAndroidを利用するメリットは、その気になれば格安の新型端末を選べるということだ。現在の自分の貯金に合わせて新型の端末が買える。これがiPhoneだと、安く済ませようと思ったら型落ち品を買うしかない(それでも5万円以上する)。

そして気づけば、Appleはかつての輝きを失い、製品はどんどん複雑化している。今回のiPhoneにしても、なぜ3機種も用意する必要があったのか。そしてその割に、一部のユーザーからは好評だったiPhone SEを抹消するという。ユーザー目線の判断だとは思えない。

公式サイトも変わった。以前のAppleからは考えられないような文面が載るようになった。

Super Retina。迫力と大迫力。
特別に開発されたiPhone XSのOLEDディスプレイは、業界で
最も正確な色を映し出し、
HDRに対応し、真の黒を再現します。
しかもiPhone XS Maxには、
これまでのiPhoneの中で最大の
ディスプレイが搭載されています。


インテリジェントなA12 Bionic。
Appleが開発した次世代のNeural Engineを搭載した、
スマートフォンの中で最も賢く、
最もパワフルなチップ。驚くような
拡張現実を体験できたり、
深度コントロールで目を見張るような
ポートレートが撮れたり、あなたがする
あらゆることが高速化され、
流れるような体験になる理由です。

以前のAppleだったら、これらの特徴をひと言かふた言のシンプルな言葉で伝えていたはずだ。ところが今では、数行の言葉でスペックを誇るようになった。デザイナーはこれらが表示される画面を見て「やかましい」と思わなかったのだろうか……。

ネーミングセンスにも問題がある。「XS」と「XR」ではどちらのほうが大きいのか、直感的にはわからない。というか、サイズ以外の点も直感的にわからない。一番薄いMacBookを「Air」と名付けた頃のAppleはどこへ行ってしまったのか。

こうしたAppleの変質を目にするにつれ、早い段階でAndroidに移行した自分の判断は正しかったと、確信するのである。