映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の素晴らしいところ

スポンサーリンク

レンタル配信が開始されたことだし、アベンジャーズの新作『インフィニティ・ウォー』の感想を書いていこうと思う。実はこの映画は2回、劇場に足を運んでみてきた。僕は映画マニアではない。たいてい映画館に足を運ぶのは1作につき1度だけだ。2回も見に行ったということは、それだけ気に入ったということだ。

とはいえ、当時は感想は書かなかった。それは本作について語ろうとしたとき、どうしてもネタバレは避けられないと思ったからだ。そのため、レンタル配信が開始されるまで待っていた。

というわけで、以下はネタバレ全開になる。まで本作を鑑賞していない人はご注意を。

『インフィニティ・ウォー』の素晴らしい点は、まずなんといっても、悪役サノスが大勝利を収めたところだ。スーパーヒーロー映画にかぎらず、大衆向けの作品ではほとんど正義側の勝利で終わるのだが、そんな中で悪役が勝利して幕を閉じる本作には新鮮さがある。

また、悪役であるサノス自身の魅力も存分に描かれていた。まず、序盤のハルクとのバトルでは一流のボクサーのような華麗なフットーワークを見せ、パワーだけの男ではないことをアピール。そしてインフィニティ・ストーン集めにおいて娘のガモーラを犠牲にするシーンでは、内に秘めた愛情と、それに流されず目的を完遂する意志の強さが表れていた。そうした過程があったからこそ、終盤でのアベンジャーズとのバトルが熱い。

そのタイタン星におけるバトルで、なんとサノスは隕石を地表に落とす技を披露する。これは間違いなく『ファイナルファンタジー』の魔法、メテオだ。「今だ! パワーをメテオに!」とばかりに、サノスはガントレットのパワーを行使する。ゲームファンに向けた最高のサービス。悪役サノスは一流のエンターテイナーでもあるのだ。

数々の激闘を制したサノスは、ついにすべてのインフィニティ・ストーンを集め、指ぱっちんによって全宇宙の生命を半分にする。これにより、宇宙のエネルギー問題は解決された。そして目的を果たしたサノスは、宇宙の片隅で隠遁生活を送る余生を選ぶのである。感動の展開。そこにはやるべきことをやりきった男の清涼感があった。

まあ、予め告知されていたように、本作は前編と後編の分かれた作品のうちの前編なので、どうせ次回作ではアベンジャーズに逆転されてしまうのだろう。それが残念だ。もうこのままシリーズ終了でいいではないか。「ヒーローだってたまには負ける」。そんな現実を描いてもいいではないか……。