2018年はジェダイのように自制心を鍛えねば

スポンサーリンク

今週のお題「2018年の抱負」

2017年も終了間際だ。ここらで来年の抱負を考えよう。

天皇陛下が2019年に退位される予定なので、2018年は最後の平成ということになる。平成30年。ちょうどキリもいい。しかし、キリがいいからといって私の身のまわりでなにかが起こるわけでもない。来年になにを成せるかはすべて自分自身にかかっている。

2017年のまとめ

来年の抱負を宣言するまえに、今年の自分をまとめてみよう。

まず、エンタメ関連ではけっこう楽しんだと思う。ニンテンドースイッチが発売されたからだ。ハードと一緒に『ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド』を購入したが、これが最高に面白かった。シリーズ初のオープンワールドにもかかわらず、クオリティは頂点に達していた。ほかには『ARMS』、『マリオ オデッセイ』、『ゼノブレイド2』などをプレイしたが、やはりどれも面白かった。今後もニンテンドースイッチ関連には期待できそうだ。

任天堂といえば、スマホゲーの『ファイアーエムブレムヒーローズ』が楽しい。初期はできることが少なくて微妙だったが、その後順調にアップデートしていき、キャラクター育成の幅が広がって一気に面白くなった。これでまだローンチから1年目なのがすごい。

しかし、これらはすべて私の外部で起こったことだ。私自身はといえば……。

目下、鬱が悪化してリハビリ中の我が人生だが、この1年の経過を語ると、「良くなってきてはいる。ただし、牛の歩み」といった具台だ。日記を振り返ってみると、確かに良くなってきてはいる。だが、いまいち実感がわかない。「もう一生治らないのでは……」という気さえする。「人には誰しも限界があり、ここが私の限界なのだ」という内なる声が聞こえてくる。

この状況から抜け出すためには、今の環境を変える必要があると思う。

2018年の抱負

さて、そこで来年の抱負だ。

考えたのは、今の仕事を変えたいということ。

現在、私は飲食店でアルバイトをしている。そこで常々感じるのだが、私に飲食店の仕事は向いていない。というより、接客業自体が向いていない。まあ社交不安障害なので当然といえば当然なのだが。あと会社の価値観が旧態依然としており、その点もつらい。ぶっちゃけ頭痛が頻発する原因の大半はこの仕事にある。

もうちょっと他人と距離を置きつつ、自分の強みが活かせる仕事に切り替えたい。そこで来年からは少しずつ、ネットでできる仕事にシフトしていこうと思う。同じアルバイトだったら、そのほうがマシだろう。

あとは、抱負というほどでもないが、2018年は散財を減らしたい。今年のエンタメ関連が充実していたせいで、気づけば貯金が減っていた。使ったぶんは満足したとはいえ、もっとお金のコントロールを学ぶべきだと感じた。

お金だけでなく、全体的に自分自身をコントロールできていないと感じることが多い。来年は自制心を鍛える必要がある。ジェダイのように。