ライティング

たとえ書くヒマはなくても、作成中のテキストを振り返っておこう

ブログや小説など、アマチュアで書きものをしている人向け(あるいは、副業で書きものをしている人向け)の話です。 そういった人の場合、本業の仕事が忙しくてなかなか執筆時間がとれない、ということがあると思います。そして、しばらく執筆から離れている…

脳の中を掃除する「モーニングページ」

「モーニングページ」というのを知っているでしょうか? 朝起きて、頭に浮かんだことをひたすらノートに書いていくというものです。これを行うことで、頭の中の混乱を整理したり、内なる創造性を育んだりすることができます。

文章を強引に仕切り直す「居直りフレーズ」の使い方

『「読ませる」ための文章センスが身につく本』(奥野宣之:著)の中で、「居直りフレーズ」というものが紹介されています。 居直りフレーズとは、それまでの文章の流れを強引に変えてしまう言葉のことです。たとえば、文章が終わりに近づいているのにどうも…

文章記号の読み方と意味を簡単に解説

「」や!、……など、文章で用いるための記号を「文章記号」、または「作文記号」と呼びます。これらの記号は一般的に用いられているため、記号自体を見たことがないという人はいないでしょう。 その反面、記号の読み方がわからなかったり、どの場面で使うのが…

良い文章を書くためには断言調にし、ぼかし言葉は排除する

ライティングのテクニックの1つに、「断言調にする」ということがよく言われます。これは読者心理を考えたとき、曖昧な文章よりも断定的な文章のほうが説得力が増すからです。 たとえば、「日本の人口が減っている気がする」と「日本の人口が減っている」と…

文章のセンスを磨くための3つの方法

プロにせよアマチュアにせよ、文章を書いている人なら誰だって魅力的な文章を書きたいと願っているでしょう。 では、魅力的な文章を書くためには何が必要なのか? このことについて、『プロ書評家が教える 伝わる文章を書く技術』という本の中で、著者は、大…

人を惹きつけるタイトルの21個のパターンとは

ライター業やブログを書いている人なら、タイトルの重要性は骨身にしみているでしょう。 たとえば、新しく本を買おうとする場合、このとき参考にするのは「タイトル」「表紙」「作者名」の3つです。あらすじや読者レビューも参考になりますが、それらを確認…

アウトライナーを使えば、文章の全体図が簡単に作れる

「アウトライナー」というものを聞いたことがあるでしょうか? アウトライナーとは、アウトライン専用のライティングソフトのことです。今回は、このアウトライナーの良さについて語りたいと思います。

「書く苦しみ」はフリーライティングで克服する

日頃から文章を書いている人なら、誰でも一度は「書く苦しみ」を味わったことがあるでしょう。何か書かなくてはならない。でも、何を書いたらいいのかわからない。頭を働かせてみても何ひとつ思い浮かばず、そのうち嫌気が差してくる──そんな状況を「ライタ…