ひたすらおっさんが哀れな話〜ドストエフスキー『貧しき人々』感想

47歳のおっさんと18歳の少女の文通。その果てに待ち受けていたのは、ひたすら哀れなおっさんの姿だった……。 ドストエフスキーといえば『罪と罰』や『カラマーゾフの兄弟』が有名で、処女作である『貧しき人々』はいまいち知名度がない。かくいう僕も、それま…

ここ最近の体調について

診察の日が近づいているため、ここ最近の体調についてまとめておきたい。 12月の後半は年末シーズンということもあり、非常につらかった。体調が悪化し、仕事中に鬱状態になってしまうことも。 一方、1月前半はシフトを抑えたおかげで充分に休むことができた…

現実に存在する運命〜映画『15時17分、パリ行き』感想

クリント・イーストウッド監督の映画、『15時17分、パリ行き』を見た。この映画は現実に起こったテロ事件を題材にしており、事件を防いだ3人の重要人物を本人たちが演じている点が特徴だ。イーストウッドがこの映画で描いたもの、それは現実に存在する運命だ…

『新編 真ク・リトル・リトル神話大系 1』でF・B・ロングを知る

『新編 真ク・リトル・リトル神話体系 1』とは、簡単に言ってしまえばクトゥルフ神話集である。さまざまな作家の短編が掲載されていて、同神話の創造者であるラヴクラフトの作品もある。 クトゥルフ神話の概要はゲーム等で知っている人も多いだろうが、ラヴ…

終わりのないのが終わり〜『ブラック・ミラー:バンダースナッチ』感想

『ブラック・ミラー』シリーズの最新作、『バンダースナッチ』を見た。ダークな作風で人気を博している本シリーズだが、最新作では初のインタラクティブ・コンテンツに挑戦した。 インタラクティブ・コンテンツというのは、要する選択肢があるストーリーのこ…

楽して継続するほうが結果的には生産的

元旦になって、『ファイアーエムブレム ヒーローズ』で戦禍の連戦というイベントが始まった。もう何度もやっている恒例のイベントではあるのだが、今回、ある発見があった。そのことについて記しておこう。 発見というのは、「何事も楽して継続するほうが、…

耳栓がもたらす内的世界への没入と気づき

先日、Amazonで耳栓を購入した。僕は周りの音が気になる性質なので、耳栓を試してみるのもいいかと思ったのだ。 購入した耳栓は「MY BOON 耳栓 ライブ イヤープラグ 遮音値27db 防音 シリコン」というもの。標準サイズ、Lサイズ、睡眠用の3種類の耳栓と、専…

2019年の目標

昨夜、ネットサーフィンをしていたらいつの間にか2019年になっていた。あけましておめでとうございます。 今年、自分はなにをやっていくのかということを3つ考えてみた。あまり多すぎても達成できないので、3つにしぼった。内訳はそれぞれ「仕事」「買い物」…

2018年を振り返って

もうじき2018年が終わる。そのためか、大勢の人々が今年という1年を振り返っている。過去を振り返るのは大切なことだ。過去を振り返るからこそ、進むべき未来が見えてくる。僕も振り返るとしよう……。

2018年12月の総括

2018年の12月が終わる。今月はどんな月だったかを振り返って、来月の行動予定を立てておこう。

衝動の性質と対処法について

『なぜ「つい」やってしまうのか 衝動と自制の科学』という本を読んだ。タイトル通り、「衝動」と「自制」について書かれた本だ。 なぜ、この本を読んだのか? それは僕自身、衝動に動かされていることが多いと感じているからだ。僕は不安障害を抱えているが…

「Dark Reader」でブラウザにもダークモードを

先日、スマホのホーム画面をダークモード風にしてみたところなかなか良かった。そこで、PC用のブラウザにもダークモードを実装できないかと調べてみた。 あっさり方法が見つかった。「Dark Reader」という拡張機能を使えばいいのだ。

これから年末へ

たまには普通の日記を書こう。ちょうどそういう気分だ。 最近なにをやっていたのかというと、就労支援サービスの体験に行っていた。以前にもブログで触れたが、今のバイト先が来年で閉店することになったため、次の就職先を探すことになった。そこで、せっか…

アイコンパック「Omoro」でスマホのホーム画面にもダークモードを

Android端末はアイコンパックのアプリをインストールすることで、アプリの見た目を変えることができる。 アイコンパックは実にさまざまな種類が公開されているが、今回は、その中でもダークな見た目に特化した「Omoro」をご紹介。

ショーペンハウアーの『読書について』の覚え書き

Kindleのライブラリを眺めていたら、ショーペンハウアーの『読書について』があった。 はて、いつの間に購入したのだろう……。 本をタップして開いてみると、読了もしている。しかし、記憶にない。 3年前にこのブログで、「スキマ時間」について書かれた箇所…

マネーフォワードのおかげでクレジットカードの不正利用に気づいた話

人生で初めてクレジットカードの不正利用に遭遇した。先月の20日、カードの種類はAmazonクラシックカードだった。 明細を確認すると、「AMAZON *MKTPLCE EU―I」という内容で約5000円が使われていた。最初に見たときは驚いた。 EUということ…

シーズン1は全10話のプロローグ〜『ナルコス メキシコ編』

先日、Netflixで配信された『ナルコス メキシコ編』のシーズン1を見た。 ナルコスシリーズは麻薬の売人たちを描くドラマで、前作まではコロンビアが舞台だった。今作からは「メキシコ編」と副題がつき、その名の通り、メキシコが新たな舞台となっている。 舞…

2018年11月の総括

2018年の11月が終わる。今月はどんな月だったかを振り返って、来月の行動予定を立てておこう。

今の仕事をやめてから再就職までのプラン

来年の夏過ぎで、今の職場が閉店することになってしまった。次の仕事を探さなければいけない。そこで、自分なりのプランを考えた。

『デアデビル』のシーズン3はMCU最高の面白さ

もうさすがにネタバレしてもいい頃だろう。Netflixで配信しているMCUのドラマ、『デアデビル』のシーズン3について、感想を語りたい。 率直に言えば、映画も含めたMCU全シリーズの中でもトップクラスの面白さだった。その理由は、デアデビル、ブルズアイ、キ…

永遠とも思える睡眠

先日、連勤で死にそうになったという記事を書いた。 www.usamihiro.info これは日曜日の話だった。その後、月曜、火曜とバイトをして、水曜(つまり昨日)が休みだったのだが、この日も体調を回復させるだけで精一杯だった。

ゾラの傑作短編集で結婚の闇を見る

以前、Amazonで購入した『オリヴィエ・ベカイユの死/呪われた家~ゾラ傑作短篇集~』を読んだ。ゾラの作品自体、読むのは初めてだったが、とても面白かった。 オリヴィエ・ベカイユの死/呪われた家?ゾラ傑作短篇集? (光文社古典新訳文庫)作者: ゾラ出版社/…

久々に連勤したら死にそうに

昨日は日曜日。バイトも休みだったわけだが、まったくハッピーではなかった。朝、目が覚めた瞬間から息苦しく、なにもしていないのに常に息切れしているような状態で1日中苦しかった。 実は、その前の木曜、金曜、土曜と久しぶりに3連勤だった。いつもは最大…

アニメ版『悪魔城ドラキュラ ーキャッスルヴァニアー』シーズン2 感想

Netflixでアニメ化された『悪魔城ドラキュラ ーキャッスルヴァニアー』のシーズン2を視聴したので、感想を書こう。 シーズン1の感想はこちら。 www.usamihiro.info 簡単にあらすじを振り返ると、人間に妻を殺されたドラキュラ伯爵が「人間を滅ぼすぞ!」と戦…

HHKBで尊師スタイルを実現するために購入したアイテム

「尊師スタイル」というものを知った。ラップトップの上に外付けキーボードを置いてタイピングすることをそう呼ぶらしい。リチャード・ストールマンという人が最初に編み出したそうだ。下記の記事で知った。 qiita.com この尊師スタイルがどういう場面で活き…

2018年11月 Kindle月替りセールで気になった本 3冊

もう11月である。あと2ヶ月で2018年も終わる。月日が経つのは早い。人々はこの1年をどう捉えるだろうか。僕にとってこの1年は、やはり無意味に終わりそうだ。いつも通りだ。生まれたときから見えない檻に囚われている。なにかを成し遂げたことはなく、ただひ…

2018年10月の総括

2018年の10月が終わる。今月はどんな月だったかを振り返って、来月の行動予定を立てておこう。

Chromecastを初代から第3世代に買い替えた感想

今年10月のGoogleのイベントでは発表されなかったが、Chromecastの第3世代がひっそりと登場した。 僕は初期型から買い替えることにした。快適な動画ライフを送りたかったからだ。 注文は公式のGoogleストアから行った。その後、だいたい1週間ほどで到着した。

代アニ生の実態が描かれる『専門学校JK』

『専門学校JK』という漫画を読んだ(全2巻)。作者の宣伝ツイートを読んで、それに乗せられたかたちだ。しかし、乗せられてよかったと思う。実に面白かった。 親戚やご家族に夢見がちの方がいらっしゃれば、是非この漫画をおススメしてください。 pic.twitte…

悲しすぎて寝るしかなかった

昨日はバイトは休みだった。せっかくの休みなので久々にコメダ珈琲のランチを食べに行こうかと思っていた。散歩もしようと思っていた。とにかく、いい1日を過ごしたかった。 しかし、いい1日にはならなかった。病魔が僕を襲ってきたのだ。