読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姫呂ノート

散文的な個人ブログ

スポンサーリンク

仕事を辞めたことと、小説を書こうと思ったことについて

雑記

2ヶ月ほど仕事を休職していたが、今月に正式に辞めることになった。休職期限というやつだ。これ以上は休みを伸ばすことができないので、仕事に復帰するか、それとも退職するかの2択を選ぶことになり、僕は後者を選択した。某大手ショップの店員として今年から働きはじめたが、1年と経たずに辞めることになってしまった。

なぜ仕事を辞めることになったか

僕は社交不安障害で、もともと接客業には向いていなかった。社交不安障害であると知ったのは最近だが、以前から自分は人付き合いが苦手で、常人よりも気力と体力を消耗してしまうという自覚はあった。しかし重症ではなかったので、仕事をはじめた当初は、なんとかやっていけるだろうと楽観視していた。実際、3ヶ月くらいは問題なかったのだが、だんだん職場の人間関係でトラブルが起こるようになり、ストレスの限界から鬱症状が出るようになった。緊張と吐気で仕事どころではなくなり、休職することになった。

休職中、僕は何度か上司と話し合った。休職期限が迫っているがどうするか。当初、僕は復帰するつもりだった。病気はいつ治るかわからない、ひょっとしたら一生治らないかもしれない。それに、社交不安障害について調べたところ、「家のなかで休んでいても治るものではない」とネットや本に書かれていた。

しかし、僕が復帰の意思を示すと、上司は必ずストップをかけた。「もう少しよく考えて」「本当に大丈夫か」「どうしてそんなに戻りたいのか」などと何度も聞かれた。そうした態度が何度も続いたので、僕もようやく理解した。つまり、向こうは僕に戻ってきてほしくないのだ。一見すると僕を気遣っているような態度だったので誤解していたが、本音は僕が疎ましかったので、なんとか辞めさせようとしていたのだ。

考えてみれば、当然だろう。誰だって面倒はごめんだ。精神疾患の人間なんて雇いたくない、まして接客業ならなおさらだ。だから辞めさせるチャンスがあったらぜひとも活用して辞めてもらう。すべては売上のために。

そのことを理解したので、僕は退職を決心した。ここで下手に粘っても、自分のためにも職場のためにもならないと思った。

退職後の心境

退職を決めて、しばらくは呼吸困難になるほど泣いた。普通に生きられない自分の人生に対する絶望、売上のためなら弱者を平然と見捨てる会社への憎悪、自分が悪者になりたくないがために表向きは善人ぶる態度への憤怒、迷惑をかけた人たちへの罪悪感、そういった諸々のマイナス感情が身体のなかで乱気流を起こした。

現在は落ち着いてきた。過去のことや、将来のことを考えないようにすることで、心の平穏を取り戻した。

通院している診療所の主治医からも、しばらくは休んだほうがいいと言われたので、当面は無職生活を続けようと思う。しかし、何もせずにいるのは気分が悪い。映画を見たり、本を読んだりして、そこそこ楽しんだりしているが、そうしたインプット行為を続けていても、本当の満足は得られない。何か達成感がほしい。

小説を書く

そこで、ブログの更新に加えて、小説を書くことにした。

実は、僕は前から作家になりたいと思っていた。大学を卒業して、しばらくは作家になるために小説を書いていたのだが、年を経るごとに自信をなくしていき、次第に筆が重くなっていった。そして、もし作家になれなかったら……と考えて就職したのだが、結果はこのざまだった。

しかし、自分が社交不安障害だと判明して、仕事を退職して、孤独が深まってからは、「これはもうなんとしても作家になるしかないのでは」と感じた。不思議なことだが、絶望の井戸の底に落ちると、這い上がるしかないと思うようになるらしい。

正直にいえば、自信はない。本当に小説で暮らしていけるのか、確信がない。だが、それでも書かなければ。今の自分にできることはそれしかない。