読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姫呂ノート

散文的な個人ブログ

スポンサーリンク

シェイク・シャック初体験レポート

食事

今年の11月13日にオープンしたばかりのハンバーガーショップ、「シェイク・シャック」で食事をしてきた。アメリカから上陸してきたハンバーガーなのだが、これがなかなか美味しかったのでレポートしようと思う。

シェイク・シャックのことを知ったのは偶然だった。たまたまテレビをつけたとき、シェイク・シャック上陸のニュースをやっていたのだ。「シェイク・シャック? 不思議な名前だな」そう思いつつ、名前が持つ響きにどことなく惹かれた。明確な理由はわからないが、「とにかく一度は行こう」とすぐに決心した。で、先日行ってきたわけである。

まず、最初に特徴を上げておくと、シェイク・シャックにはマクドナルド等でよくあるセットメニューは存在しない。すべて、単品での販売だ。そして、どれも値段が高い。たとえば、僕が食べてきた「シャックバーガー」は680円だった。これがマクドナルドだったら、確実にセットメニューの値段だ。ちなみに、僕は全部で5点の注文をしたのだが、総額で2473円かかった。高いと思うだろう。確かに、高い。しかし、値段分の価値はあったと、ここに断言する。はっきり言って、めちゃくちゃ美味しかった。

店は東京都の明治神宮外苑内にある。詳しくは公式サイトで確認してほしい。僕が行ったのは平日の午後2時頃だったが、大勢の人が列を作っていた。最後尾に並んで、店内に入れたのは約1時間後。店の入口手前でメニュー表を渡されたので、それを見ながらレジの順番が来るまでに注文を決めておいた。

レジでは商品を注文したあと、2桁の番号が記された小さな機械を渡された。それが振動したら、注文が出来上がった合図なので、レジまで取りに来るというシステムだ。

こちらが、僕が注文した品々である。

右下から

  • シャックバーガー
  • ポークソーセージ
  • チーズフライ
  • フィフティーフィフティー(飲み物。レモネードとアイスティーのミックス)
  • シャックアタック(チョコレートのアイス)

の5点である。なお、サイズが選択できるチーズフライ、フィフティーフィフティー、シャックアタックの3つはすべてスモールサイズだ。

では、それぞれの感想を書いていこう。もう見た目からして美味しそうだが、これがまた、実際にとんでもなく美味しいのだ。

まずは、シャックアタックから。チョコのアイスなのだが、いろいろな食材がミックスされているらしい。メニュー表に食材が書いてあったのだが、細かいことは忘れてしまった。とにかく、チョコのアイスだ。甘いだけでなく、コリコリしたチョコの欠片を歯で砕く食感が楽しかった。

次は飲み物のフィフティーフィフティーだ。レモネードが混ざっているだけあって、レモンの酸っぱさがした。この酸っぱさが、いい感じにリフレッシュしてくれる。ポテトを食べていて、次にハンバーガーに移りたいときなどに飲むと、口のなかのリセットなってよい。

これはチーズフライ、つまりポテトだ。ポテトには、ノーマルなタイプとチーズがかかっているタイプの2種類あるのだが、できればチーズのタイプを選ぶことをおすすめする。このとろりとしたチーズが非常に美味い。サクサクのポテトによく合っている。

これはポークソーセージだ。ソーセージには無料のトッピングをつけることができる。「ダイスオニオン」「スピアピクルス」「キュウリ」「スポートペッパー」の4つだ。せっかくなので、全部のっけてもらった。ピクルスがなかなか美味しかった。基本的にシェイク・シャックのソーセージはビーフかポークの2種類になるようだ。次回はビーフのほうを注文してみたい。

最後はシャックバーガーだ。もう、とにかくビーフが凄い。ほかのハンバーガーチェーン店とはまったく味が違う。噛んだ瞬間に我を忘れ、数秒後には頭のなかが「牛」の一文字で埋めつくされる。「これが牛か……!」と驚くこと間違いなし。店を出て、夜になってもまだ牛の味が忘れられなかった。それくらい凄い。

以上のように、値段は高かったものの、僕は大変満足して店を出た。時刻は4時になる直前だったが、振り返ると、まだ長蛇の列は続いていた。加えて、小雨も降ってきていた。普段の僕だったら、「こんな時間に並んじゃって……」と冷めた視線を向けるのだろうが、シェイク・シャックを体験した今では、むしろ「並ぶのを我慢してでも食べるべきだ」と心中で列の人々を励ましていた。

実はその日、僕はどうにも体調が悪かったのだが、シェイク・シャック食後の衝撃でいつの間にか体調のことなど彼方へ吹っ飛んでいた。帰りの電車内で、先ほど食べた品々の(特にハンバーガーの)味を繰り返し繰り返し反芻していた。行く前は「一度体験すれば充分かな」と思っていたが、今度はいつ行こうかと、早くも次の予定を練っていた。

ちなみに、会計はクレジットカードが使えたので便利だった。使える種類は聞いてこなかったが、たぶんVISAとMasterCardなら対応しているはずだ(僕はMasterCardだった)。僕はクレジットカード払い派なので、カードが使えるのは非常によいと思った。

スポンサーリンク