もはや抵抗は無意味

先週の金曜日から体調の悪さが続いていて、今日(火曜日)になってようやく元気が出てきた。特に一昨日〜昨日までピークで、心も身体も重くてなにも手につかなかった。

こういう時期は割りとよくあるので、「体調が最悪の日でもやれることを見つけなければ」とあれこれ考えるのだが、いくら考えてみても、実際に体調が悪くなってしまうとなにもできなくなってしまう。

そこで考えついたのが、もはや抵抗は無意味だということ。体調が悪い日は、ひたすら休むしかないのだ。

そもそも、なぜ素直に休めないのかといえば、「時間を無駄にしている」という焦りがあるからだ。特にブログを更新できない日が続いてしまうと、この焦りが強くなる。

しかし、いくら焦ってみてもなにかができるわけではない。結局は、つらいときは休む、元気が出てきたらやるという、自然のままに活動するしかない。