Googleアドセンスの自動広告を設定してみた

久々にGoogleアドセンスからメールが届いていた。「なんだろう」と思って開いてみると、自動広告を設定してみませんか、という案内だった。

アドセンスのサイトに行って詳細を調べてみると、自動広告というのは、文字通り、Googleが自動的にサイトへ広告を設定してくれる仕組みだという。機械学習の技術が使われているらしい。なんとなく面白そうだと感じたので、試しに、こちらのブログで設定してみることにした。

自動広告は、アドセンスのサイトの「広告の設定」から行える。アンカー広告、モバイル全面広告、テキスト広告、ディスプレイ広告、インフィード広告、関連コンテンツ広告などの種類を選択でき、自分が不必要だと思ったものはオフにすることができる。今回はテストも兼ねて、すべての広告サービスをオンにしてみた。

使用する広告の種類を決定したら、あとは表示されたコードを自分のサイトに貼り付けるだけ。このコードは、head内に記入する。はてなブログの場合は、「設定」→「詳細設定」→「headに要素を追加」のところに書く。

コードを記入してから、約15分〜20分くらいで広告が表示されるようになる。Googleの説明によれば、すでに設定済みの既存のアドセンス広告と共存できるそうだが、自動広告の威力を確かめたいこともあり、記事下の関連コンテンツ広告以外は取っ払ってみた。したがって現在、このブログで表示されている関連コンテンツ以外の広告は、すべて自動広告で挿入されたものである。

しかし……これまでGoogle・ユーザーともに「最適な広告の貼り方」を模索してきたわけだが、自動広告が進化していけば、もうそのことに頭を悩ませる必要もなくなるわけだ。もちろん、まだ始まったばかりのサービスなのでうまくいかないこともあるだろうが、今後の展開に期待できそうなことは間違いない。

参考

AdSense ヘルプ 自動広告について