「Dodow」という寝付きが悪い人のためのガジェットが素晴らしい

「Dodow」というガジェットを買った。この製品はAmazonで偶然見つけた。私は普段から寝つきが悪く、なにかそれを解消するアイテムはないかと探していたところ、これを発見した。

簡単に言ってしまえば睡眠の導入を助けるガジェットだが、不眠症の人が作った、という点に興味を惹かれた。値段は6,980円とお高めだったが、レビューの内容も概ね好評だったこともあり、試しに買ってみることにした。

3日ほど使ってみたところ、確かな効果を実感した。

外箱。なかなかおしゃれでよい。

本体は意外と小さい。電池が付属しているのですぐに使える。

本体をタップすると青い光が点灯する。基本的にはベッドで仰向けになり、本体の光を点灯させて、部屋の電気を消す。そうすると、青い光が天井に浮かび上がるようになる。

天井の光は大きくなったり小さくなったりを繰り返す。これに合わせて呼吸する。光が大きくなっていくときに息を吸い、小さくなっていくときに息を吐く。この動作を光が完全に消えるまで行う。

光は、本体を1タップで8分間、2タップで20分間持続する。最初は8分間から始めるといいだろう。

仕組みとしては、光の明滅に合わせて息を吸ったり吐いたりしているうちに、身体がリラックスして睡眠モードに入る、というわけ。完全に光が消えたあとは好きな体勢になってOKだ。

実際に使ってみると、確かに寝つきがよくなった。値段は高めだが、そのぶんの価値はあったので満足している。

普段から寝つきの悪さに悩んでいる人は買ってみるといいかも。「不眠症の人が自分のために作った」というだけある。