披露宴、達観、されど複雑な心理

最近はブログが更新できなかった。忙しかったからだ。簡単にまとめたい。

まず体調面だが、先月に比べればちょっとよくなったと感じている。頭痛の頻度も減った。とはいえ、疲れやすいのは相変わらずで、バイトが忙しかったこともあり、体力の消耗が激しかった。

せめて充分に寝られればいいのだが、あいにく僕は寝付きが悪い。中途覚醒もしがちで、時間がたっぷりある日でも5〜6時間しか眠れなかったりする。

12日にIIJmioで「Huawei honor 9」を注文したが、システム不具合があって本人確認ができなかったとかでまだ入手できていない(IIJmioで端末を注文するときは本人確認書類を送る必要がある)。書類を再送したところ、今度はちゃんと確認できたとのことなので、今週中には届くはず。

バイトのことだが、辞めたいという気持ちが高まってきた。今のバイトを辞めたいという意味ではなく、バイト自体を辞めたい。どう考えてみても、僕の体調が悪化する理由の大半がバイトにあるとしか思えない。不安障害だということもあるが、自分のペースで仕事ができない点がつらい。

先日、友人の結婚披露宴に参加した。ほかの友人とも久々に会ったが、みんな結婚していた。こういうとき、自分だけ結婚できていないことに焦りや不安を覚えるのが一般的な心理だが、僕に関して言えば、この頃はもう「自分の人生を生きるしかない」と達観できるようになってきた。あきらめがついてきた、とも言える。それよりも、周りに知らない人が大勢いるという環境がつらかった。緊張する。

披露宴に参加してつくづく思うのは、自分ではやりたくないな、ということ。僕の過去を紹介されたりとか、子供の頃の写真をスライドで流されたりとか、考えただけで苦しい。不安障害の身にはつらすぎる。まあ、今のところ結婚するような相手もいないので、その不安は杞憂なのだが、だからといって嬉しいわけではない。達観できるようになってきたとはいえ、やはり、できることなら結婚したい。複雑だ……。