2017年9月 Kindle月替わりセールからのピックアップ 5冊

いつの間にか9月になり、Kindleの月替わりセールも一新された。今回も、セール対象本の中から気になったものをピックアップしていこうと思う。

うまくいっている人の考え方 完全版

人生がうまくいっている人の特徴は「自尊心」が高いことだと著者はいう。自尊心とは、自分を大切にしようとする心だ。自尊心のある人は常に自信に満ちあふれ、失敗やまちがいを犯しても、それを前向きにとらえて次のステップの土台にする心の余裕がある。人生のほとんどすべての局面に自尊心は大きな影響を与えることになる。

本書で著者は自尊心を高める方法を100項目紹介している。これを読めば、自信を身につけ、素晴らしい人間関係を築き、毎日が楽しく過ごせるはずだ。

どこから読んでもいい。そして、できることから実践しよう。あなたはもう、うまくいっている!

まずは、すでに読んだことがある本をおすすめしたい。あらすじにある通り、本書は「自尊心を高める方法」をテーマに、100の項目が書かれている。ひとつひとつの項目は短い文章なので、空いている時間にさらっと読むことができる。

パッとしない子 (Kindle Single)

パッとしない子 (Kindle Single)

パッとしない子 (Kindle Single)

小学校では、およそ先生も生徒もごく短い期間で入れ替わっていく。先生からすれば、生徒の顔を覚えるのも大変だし、勤務経験が長くなれば、生徒の数は累積し、記憶にも濃淡の差が出てくる。優等生、すぐ懐く子、やんちゃな子、問題児、そして、印象の薄い子。そんな教師と生徒の関係をスリリングに描いた作品だ。

小学校の図工の教師、松尾美穂はその日を、ちょっと高揚した気分で迎えた。教え子で、人気絶頂の男性アイドルグループのメンバーになった高輪佑(たすく、25歳)がテレビ番組収録のため、母校を訪ねてくるのだ。10数年前、美穂が担任をしたのは、佑の3歳下の弟だが、授業をしたのは事実で、佑ファンの娘にも羨ましがられている。美穂の記憶にある佑は地味で、パッとしない子供だったし、プロはだしと称賛される絵の才能も、片鱗は見いだせなかった。撮影を終え、完璧な笑顔で現れた佑は、意外にも松尾に話したいことがあると切り出したが……。

ここから先は全部未読の本になる。

まず、『パッとしない子』だが、これは辻村深月さんの短編で、Kindle限定っぽい。レビューを読んでみると「短編だけどずしりと重い」と書かれていて、非常に気になったので購入してみようと思う。

「読ませる」ための文章センスが身につく本

わかりやすく、伝わりやすい文章を書くことは大事。でも、それよりも重要なのは……「読んでもらう」こと。ビジネスの現場で文章を作る人のための、読んでもらえて、伝わって、書くのが楽しくなる文章術! 本書で参考にしているのは、エッセイストや作家などが書いた40の例文。「読んでもらう」ための仕掛けをこらした、「ツヤのある」文章ばかりです。「つかむ・のせる・転がす・落とす」の4つのステップに沿って、プロたちの仕掛けを盗み、ビジネス文書に応用することで、あなたの文章が劇的に変わります! 企画書、提案書、案内状、謝罪文、メール、ブログ、HPの案内文……、ビジネスの現場で毎日のように作る文章をわかりやすく、もっと伝わるものにしたいと思う人への一冊!

文章力向上のため、読んでみる。

この手の文章力系の本はたまにとんでもないハズレがあるのだが、あらすじを読むかぎり、本書はプロの作家やエッセイストを参考にしているようなので、たぶん大丈夫だろう。

やってはいけないデザイン

素人デザインをほめられデザインに変えてきたプロが教えます!

本業はデザイナーじゃないのに、自分でデザインしなくてはいけない、素人デザイナーさんへ。

素人さんがやりがちな「やってはいけないデザイン」と、それを改善するためのノウハウをやさしくお教えします。

本書の著者は、素人デザイナーさんを多数教えている、本職のデザイナー。実経験に基づく、素人デザイナーさんのリアル失敗ポイント、ココが惜しい!というポイントを余すところなくレクチャーします。

チラシ、ポスター、プレゼン資料、広報誌。知っているだけで仕上がりが大きく違ってくる知識とノウハウ。「レイアウトに迷う」「色が決まらない」「フォント選びに悩む」「かっこよく作れない」「素人くさい」など、お悩みを解決します。

ビフォーアフターで、どこをどうすると改善されるのかをわかりやすく解説するコーナーも必見です。

僕はデザイナーではないが、デザイン自体には関心があるので購入。試し読みしたところ、文章の原稿に関するデザインにも触れられているようなので、買っておいて損はないかな、と。

火の鳥 1

火の山にすむという不死鳥–火の鳥!! その生き血を飲んだ者は、永遠の命を得られるという……!! 不死身の鳥をめぐって壮大な宇宙ロマンが展開する手塚漫画の代表傑作!!大波乱続出の黎明編第1弾、堂々大登場!!

超がつくほど有名な作品だが、実は全作を通して読んでことがない(学生時代に図書館に置いてあったものをいくつか読んだ程度)。いい機会なので、少しずつ集めていこうかな。

以上、今回は5冊をピックアップしてみた。楽しめるといいな。