明るくなって帰ってきたスパイダーマン

『スパイダーマン:ホームカミング』を鑑賞してきたので、感想を書いてみたい。

スパイダーマンの映画シリーズとして2度めのリブートになった本作だが、前2シリーズとの差別化を意識してか、フレッシュな学園ドラマという方向性を打ち出してきた。その甲斐あって、幅広い層が楽しめるエンターテイメントに仕上がっていると感じた。

新米ヒーローとしてのスパイダーマン

映画『キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー』から、スパイダーマンはMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)に統合され、キャプテン・アメリカやアイアンマンらと同一の世界で生きる存在となった。

スパイダーマンは『シビル・ウォー』の時点ではデビューしたばかりで、ニューヨークの人々から少しずつ認知されつつあるという状況だった。そうした状況を反映してか、本作のスパイダーマンはとにかく未熟な描写が目立つ。クモ糸のスイングに失敗したり、フェリーの戦いで大惨事を起こしかけたりといった具合だ。普通に考えてみれば、いくらスーパーパワーがあっても最初からうまく行くわけないのは当たり前のことで、このように失敗を繰り返すほうが自然だろう。そういう点では、本作は、前2シリーズよりもリアリティがある。

省略されたベンおじさんのエピソード

さすがに2度めのリブートだからか、本作では、スパイダーマンのオリジンで重要な部分を占める「ベンおじさん」の一連のエピソードを省略している。ベンおじさんの事件は、作中ではとっくに過去の出来事であり、その詳細が語られることはない。

この点は賛否が分かれそうな点だ。というのも、ピーターの行動原理にはベンおじさんの事件が深く関わっている。もし観客がこのエピソードを知らなければ、本作のピーターが「ただ先輩ヒーローに憧れて自分もヒーローをやっているだけの子供」に映るだろう。しかし、実際にはそうではない。ピーターは、自分がスーパーパワーを持った責任として、目の前の犯罪を食い止めなければならないと思っている。そのため、彼は終盤でパーティーを放棄してヴァルチャーを追う決心をするのだが、ベンおじさんのことを知らない人(または、ベンおじさんのエピソードが省略されていることを知らない人)が見た場合、ピーターの心情が理解できなかっただろう。

全体の感想

上記のようにドラマ部分を省略しすぎな向きはあるが、では本作は駄目だったのかというと、そんなことはない。「明るいスパイダーマン」というコンセプトは充分に描けていた。

ギミック満載になったスパイディスーツはこれまでにない面白さがあったし、親友のネッドやMJ、フラッシュといった脇役たちはみんないい味を出していた。悪役のヴァルチャーも、マイケル・キートンの演技力によって魅力的な宿敵になっていた。もっとこのシリーズのスパイダーマンを見てみたい。そんな気にさせてくれる映画で、リブートの第1作めとしては上出来だった。