Amazonプライムデーでダンボーくんのモバイルバッテリーを購入、Ankerの大容量タイプとサイズを比較してみた

先日はAmazonのプライムデーがあり、大量の商品が値引きされた。サイトへのアクセスが不安定になるほどの盛況ぶりで、多くの人が買い物を楽しんだと思う。

当日は僕もスマホアプリからプライムデーに参加し、いろいろ商品を見て回った。といっても、あまり高価なものは買わず、ダンボーくんのモバイルバッテリーを1点だけという、割りと質素な買い物だった。

こちらが、今回購入したモバイルバッテリー。コンパクトだが容量は10050mAhもあり、普段使いには充分すぎる性能を備えている(確か、iPhone 6だと3.5回くらい充電できたはず)。

実は、これとは別にAnkerのモバイルバッテリーも持っているのだが、こちらは20100mAhの大容量、そのぶんサイズも大きい。用途としては旅行などの外泊時に持っていくもので、日常シーンで持ち運ぶにはちょっと重い。なので、これとは別に、毎日使えるようなコンパクトなものがほしいと前々から思っていた。

さて、そのダンボーくんバッテリーだが、今日宅配で届いた。こちらだ。

とても可愛らしい顔をしている。やはり、いつも使うようなアイテムは、こういう遊び心があったほうが面白い。

次に、上述したAnker製の大容量モデルと比べてみた。

大きさの違いは一目瞭然。少し意外だったのが、ダンボーくんのほうがわずかに厚みがあること。まあ、これは特に問題になるようなレベルではないけど。

同梱物として、バッテリーを入れるための小さな袋もついてきた。

こちらも、ダンボーくんの顔がプリントされていてかわいい。

端子数は、USBタイプAの出力口が2つ、マイクロUSBの出力口が1つある。まあ、この辺はAmazonの商品ページを見てもらったほうが早い。

スマホへの充電も試してみたが、まったく問題なかった。実際に手にとってみて、いい買い物をしたなぁ、と思う。上着のポケットに入れられるのが嬉しい。

そういうわけで、プライムデーでダンボーくんのモバイルバッテリーを購入した話だった。ちなみに、Anker製の大容量バッテリーのほうも(使う機会は少ないものの)重宝している。こちらもよい製品なので、ついでにリンクを貼っておこう。