Chromebookの画面ロック解除をPINコードで行う方法

Chromebookユーザー向けのTIPS。

通常、画面ロック時にログインするにはGoogleアカウントのパスワードを入力するが、いちいち複雑なパスワードを毎回打ち込むのは面倒だという人も多いだろう。そこで今回は、画面ロック時のパスワードをPINコードに変更する方法を紹介する。

この機能を利用するためには、Chrome OSが最新バージョンに更新されている必要がある。購入直後だとバージョンの更新が終わっていない場合があるので注意。

まずChromebookを起動し、普通にログインする。その後、Chrome OSの設定画面に入る。設定画面に入るには、ブラウザのメニューから「設定」をクリックするか、または画面最下部の一番右にあるアイコンをクリックし、次に歯車アイコンをクリックする。

設定メニューが表示されたら、「ユーザー」という項目を探し(上のほうにあるので簡単に見つかるはず)、その中の「画面ロック」をクリックする。

ここでパスワードの入力画面が表示されるはずなので、普通に入力する。

すると、このような画面になるはず。

ここで「PIN またはパスワード」を選択すると、PINコードを設定することができる。なお、Chromebookでは、PINコードの数字は最低でも6桁以上でなければならない。

数字を入力すれば設定は完了だ。次回からはPINコードでログインすることが可能になっている。

このほかにも、Chromebookには「Smart Lock for Chromebook」という、Android端末を利用してロックを解除する機能もある。これは自動的にロックを解除してくれて便利なのだが、自分が目を離しているときでも、スマホが近くにあれば誰でもログインできてしまうというデメリットがある。使用する際は注意されたし。