2017年6月 Kindle月替りセールでピンときた本 3冊

そろそろ定番になりつつある、Kindle月替りセールから気になった本のピックアップ。今回は2017年6月編。全体のリストを眺めた結果、3冊をピックアップすることにした。

いちばんわかりやすい 北欧神話

北欧神話の概要について書かれた本のようだ。北欧神話に関してはネットで調べることもできるが、やはり、1冊の本にまとまっていたほうが読みやすい。値段も(セールで)299円なので、買っておいて損はないだろう。

自転車で痩せた人

最初は「ダイエットを始めたから」という理由で気になったのだが、よくよく見てみたら、著者名に「高千穂 遙」とある。「え? まさか、あの『ダーティペア』の?」そう、まさにその高千穂さんだった。これにはびっくり。

レビューを読むと、「84キロあった体重が3年で58キロまで減り、24%あった体脂肪率が驚くべきことに8%台まで落ちた(身長は172センチ)」と書かれている。かなり本格的なロードバイク・ダイエットのようだ。僕はそこまで本格的にはやらないと思うが、何かしらの参考にはなると思うので購入することに。

無気力なのにはワケがある 心理学が導く克服のヒント

無気力の心理メカニズムについた書かれた本らしい。酷い鬱を経験した身としては、こういう本は興味がある。

ちょっとレビューを読んでみた感じだと、「無気力になるのはコントロールできないことが原因」という内容が書かれているようだ。これは直感的には理解できる。が、ちゃんとした理論に落とし込むことはできないので、本書を読んで勉強しよう。