読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポンサーリンク

Googleアシスタントが本格的に日本語対応へ、Google Homeの日本発売も発表

つい先日、Googleの開発者イベント「Google I/O 2017」が開催された。今年もいろいろな発表があったわけだが、日本人ユーザーに一番関係があるのは、やはり「Googleアシスタント(Google Assistant)」の日本語対応だろう。そこで今回は、この点にしぼって紹介したい。

Googleアシスタントについて

Googleアシスタントは去年のGoogle I/Oで発表されたもので、このブログでも当時の感想を記事にしている。詳しくはそちらを参照してほしいが、かいつまんで言うと、AppleのSiriのような、音声認識タイプのバーチャルアシスタントだ。

www.usamihiro.info

今回の「日本語対応」が意味するもの

以前にも「Googleアシスタントが日本語に対応した」というニュースはあったのだが、これはあくまで「Google Allo内のGoogleアシスタントが日本語に対応」という意味だった。

www.usamihiro.info

一方、今回の発表で示されたのは、「Googleアシスタントの全面的な日本語対応」だ。

たとえば、現在Googleが展開しているスマートフォン「Pixel」は、システムレベルでGoogleアシスタントが用いられている。しかし、このアシスタントは日本語には対応しておらず、Pixelシリーズが日本で販売されていない理由もそれではないかと言われていた。

だが、Googleアシスタントが全面的に日本語をサポートするとなれば、Pixelシリーズも日本で販売される可能性がある。

実際、Googleアシスタントが実装されているスマートスピーカー、「Google Home」が日本に登場することが発表された。

Google Homeのおさらい

youtu.be

上の動画を見ればわかるように、Google Homeは小さな筒のような形をしている。この小さな筒は音声を認識するようになっており、「OK Google」と話しかけるだけで、各種の機能が使える。

スピーカーとして音楽を聴くことはもちろん、次のフライト情報や天気などを検索することも可能。

また、今回の発表でGoogle Home自体もアップデートされ、以下の機能が使えるようになるという。

  • 携帯電話や固定電話とのハンズフリー通話。

  • 先回り通知(通勤前に交通渋滞情報を教えてくれるなど)。

  • 無料版「Spotify」や「SoundCloud」のストリーミング再生。

  • 音声コマンドのショートカットを作成。

「スマホでも同じでは?」と思いがちだが、実際に使用した人のレビューを見てみると、スマホに話しかけるのとはまったく異なる体験だという。スマホは常に持ち歩いていなければならないが、Google Homeなら部屋のどこにいてもすぐに答えてくれる。この差は大きい。

Googleアシスタントは今夏から、Google Homeは年内予定

さて、気になる登場時期だが、Googleアシスタントは今年の夏より日本語に対応を開始。一方のGoogle Homeは、年内の販売を予定している。

一部のメディアでは「Google Homeも今夏より」と報じているが、これは間違いだ。現在のところ、具体的な時期はまだ決定していない。

というわけで、まずはGoogleアシスタントの夏からの本格対応に期待していよう。ちなみに「Androidじゃなきゃ使えないのでは」と思うかもしれないが、今回、iPhone版も同時に発表されたので、iPhoneユーザーもお楽しみに。

youtu.be