読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポンサーリンク

TodoistとGoogleカレンダーがリアルタイムで同期可能に

blog.todoist.com

Todoistの公式ブログより、TodoistとGoogleカレンダーのリアルタイム相互同期が可能になったとアナウンスがあった。早速設定してみたので、使い方をブログで紹介しよう。

最初にやっておくべきこと

IFTTTやZapierなど、第三者のサービスを介してTodoistとGoogleカレンダーを連携させている場合は、この連携をOFFにしておく。公式ブログによれば、この連携がONになったままだと「無限にタスクを複製し続けるエラー」が発生する模様。

連携させていない人は、そのまま次の手順へGO。

TodoistのWeb版から設定する

Googleカレンダーとの連携は、TodoistのWeb版から行う。

Todoistの自分のアカウントに入り、右上の歯車アイコンをクリック、「設定」へ飛ぶ。

設定画面に入ったら、左側のメニューから「連携」という項目を選ぶ。

連携メニューに新しく「Googleカレンダー」が表示されているので、連携ボタンをクリックする。あとは画面の指示にしたがえばOK。

Googleカレンダーで確認する。

Todoist側で設定を行ったら、ちゃんと連携できているかどうか、Googleカレンダーを開いて確認してみよう。

デフォルト設定のままなら、「マイカレンダー」のメニューに新しく「Todoist」という項目ができているはず。

日にちが設定されているタスクは、「終日の予定」としてカレンダーに記入されている。

日にちに加えて時間まで設定してあるタスクは、その時間どおりにカレンダーに記入されている。たとえば、「19時 夕食」というタスクなら、カレンダーの19時のところに記入がある。

当然ながら、期限が設定されていないタスクはカレンダーには反映されない。

Googleカレンダーでタスクを作成する

相互同期なので、Googleカレンダーで作成・編集したタスクは、Todoist側にも反映される。

新しいタスクを入力する場合は、普段どおりに予定を記入したあと、「カレンダー」の項目から「Todoist」を選べばOK。同じ内容のタスクが、即座にTodoist側にも現れるはずだ。

Todoistでタスクを作成する際、イベントの長さを変更する

Todoistで作成したタスクで、時間を指定しているものの場合、デフォルト設定なら「イベントの長さ1時間」でカレンダーに記入される。たとえば、15時に時間を指定すると、カレンダー上では「15時〜16時まで」というふうになる。

このイベント時間の長さを、タスク作成の時点で変更することができる。

やり方は、タスク名のあとに[数字m]と打ち込むだけ。たとえば、『15時 タスク名[90m]』と入力することで、イベントの長さを90分(15時〜16時30分まで)にすることができる。

ただし、Googleカレンダーの仕様上、長さを30分未満にすることはできない。

おわりに

以上、TodoistとGoogleカレンダーの連携方法についてだった。

最初に述べたように、IFTTTやZapierなどとの同期をOFFにしなければならない。とはいえ、こちらの連携機能のほうがスムーズなので、特に問題はないだろう。やはり公式が一番だ。

その他、わからない部分などがあれば公式ブログのほうを参照してほしい。では。