読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポンサーリンク

エナジードリンクの「RAIZIN MILD」を飲んでみた

www.taisho.co.jp

この前、六本木のマーベル展に行ったとき、六本木駅で「RAIZIN」の広告を見かけた。普段はエナジードリンクを飲まない僕だったが、その広告はデザインがよかったので気になった。そして昨日、ふと立ち寄ったコンビニでRAIZINを発見、購入して飲んでみた。

新しいRAIZINについて

調べてみると、大正製薬は以前から「RAIZIN」というエナジードリンクを販売しており、そのRAIZINをリニューアルしたのが、今回のものらしい。

リニューアルに際して、有名なデザイナーである佐藤オオキ氏の会社「デザインオフィス nendo」が関わっているという。どうりでデザインが良いわけだ。

エナジードリンクとしての特徴は、炭酸飲料であることと、原材料に生姜が使われていること。新しいRAIZINのうち、「DRY」は強烈な辛口で、「MILD」はすっきりした甘味に仕上げているとか。

サイズは1缶につき185mlで、携帯性に優れている。価格は1本で190円(税抜き)。

RAIZIN MILDの外観と中身

では、購入したRAIZIN MILDを写真で見てみよう。

まず、これがRAIZIN MILDの外観。非常にスッキリしたデザインでありながらオリジナリティもあり、思わず目に留めてしまう。

次に、缶の中身をグラスに移してみた。

一見するとウィスキーっぽいが、もちろん酒ではない。

僕は冷たいほうが好みなので氷を足してみたが、そのまま飲んでも充分なほど冷えている。

RAIZIN MILDを飲んでみた感想

「甘い炭酸」というのが第一印象。甘さの種類的にはぶどうの味。原材料にブドウ糖が使われているが、その味が濃く出ている。

生姜っぽさはあまり感じなかった。おそらく、「DRY」のほうだと辛味を感じるものと思われる。辛口が好きな人は「DRY」を、そうでない人は「MILD」をチョイスしておけば間違いない。

エナジードリンクはあまり飲まないでほかとの違いはよく知らないが、ちょっと眠気がするときや朝の出勤時にちょうどいいと思った。

近いうち、また買ってみよう。

おまけ

今回の記事を書くためにリサーチしていたところ、面白そうな本を見つけたので、そのうち読んでみたいと思う。