読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポンサーリンク

現代人は笑い事じゃないコメディ──映画『帰ってきたヒトラー』感想

非常に面白かった。最初のうちはコメディだったが、次第に大衆心理の闇を暴いたストーリーに変貌していくところが。

突如として2014年の現代にタイムスリップしてきたヒトラーは、誰からもその存在を信じてもらえず、ものまね芸人としてテレビデビューを果たす。しかし当人は、その状況を好機と捉え、マスメディアを通じて再び影響力を持ち始める……というストーリー。

ヒトラーが再び受け入れられた理由

なぜヒトラーが現代のドイツで受けいられるのか。ナチス時代を反省しているはずなのに。

その理由は、現在のドイツの状況が関係している。

まず、ヒトラーがタイムスリップしてきたなどという話を誰も信じないこと。そしてもう1つは、貧困と移民の流入が社会問題になっていること。

現代に甦ったヒトラーは、まず自分の足でドイツ国民に現状の不満を聞きだしていく。その結果、人々が貧困と移民に不安を抱えていることを知る。そしてテレビ出演の機会を得たヒトラーは、巧みな演説によって人々の支持を得る。もちろん、彼の言葉は政治家ではなく、ものまね芸人のそれとして受け止められるのだが、ヒトラー自身は一向に気にしない。彼曰く、「人々に主張を届けるためには道化だって演じる」のだ。

この「人々が本物のヒトラーだと思っていないこと」「話している内容には説得力があること」によって、ヒトラーは瞬く間に国民的スターになっていく。

ヒトラーの政治手法

さて、もちろんヒトラーといえば極悪人の代名詞なのだが、やっている内容は政治家として至極まっとうなもので、現実の政治家にも見習っていほしいと願うほどだ。

国民へのリサーチ。具体的な政策。一貫した主張。自分が責任を取るという態度。

単に演説が上手なだけでなく、政治家としての基礎がしっかりしているからこそ、国民からの支持が集まる。この辺は日本人からすると、むしろ、こんな政治家がいるドイツは羨ましいとすら思ってしまう。

危険な思想と大衆心理

しかし問題は、やはり彼はヒトラーだという点だ。

ユダヤ人蔑視はこの時代に来てもまったく変わらずであるし、根本的な思想が好戦的なのだ。もしまたドイツの総統にでもなったら、戦争を起こすこと間違いなしだろう。

ところが、人々は「まさか戦争になんてならないだろう」と油断している。だからこそヒトラー本人が、まさにヒトラーの物言いをしているにもかかわらず支持してしまうのだ。

現代人は、この映画を笑えない

ストーリーの後半で、ヒトラーは過去について「自分は政策を提示しただけで、その私を支持したのは国民自身だ」と述べる。これはドイツ国民にとって痛恨のひと言だ。

現在のドイツでは、過去の戦争について「悪いのはヒトラーとナチスであり、一般国民は騙されただけ」という認識になっている。しかしこの映画は、そうやってたった1人の政治家(および政党)に全責任を押し付けて済むのか、という問題提起をしている。

そして、この問題意識は他人事ではない。先日の米大統領選で、公然と人種差別発言をしたドナルド・トランプが大統領になったことからもわかるように、ヒトラー的な思想がほかの国でも受け入れられるようになってきている。体裁としてはコメディだが、映画を見終えたあとは、あまり笑う気にはなれない。