読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姫呂ノート

散文的な個人ブログ

スポンサーリンク

Amazonで撮影ボックスを買ってみた

ガジェット

それはたまたまだった。いつものようにブログを巡回していると、次の記事に出会った。

www.sukinamonote.com

この記事の中で僕が注目したのは、「撮影ボックス」だ。──ほほう、Amazonではそんなものまで売っているのか。よし、試しに買ってみるとしよう──そう思うが早く、Amazonで商品をポチった。

上のブログで紹介されていたのはこれだったが、商品のラインナップを調べてみたところ、Stardustというメーカーのもののほうがわずかに安かったので、そちらを購入した。

さて、翌日にダンボールが届いたので開けてみたところ、四角い物体がそこにあった。商品の説明に「折りたたみ可能」とあったが、どうやら、これがその状態らしい。ほかには、背景に使うための白と黒のシートが1つずつ、そして説明書が同梱されていた。

なにはともあれ、まずは物体を広げなければならない。説明書は中国語と英語のみだったが、丁寧に図が描かれているので、ほとんど迷うことはなかった。

展開サイズは、約22.6×23×24cmとなる。LEDライトも搭載されているが、バッテリーまでは同梱されていない。端子はマイクロUSBなので、モバイルバッテリーか、またはKindle用のアダプター等が使える。

では、なにかを撮影してみよう。ちょうど手元にあった本で試しに撮ってみる。なお、撮影はスマホで行った。

両端の隙間が見えてしまっている。ちょっと物が大きかったようだ。

下置きにしてみたが、今度は物が入りきらなかった。次は小物で試してみよう。

うむ。やはりこの撮影ボックスは小物専用だと思って間違いない。

このように大きすぎるものは入らないのだが、値段が1000円強とお手頃な点を踏まえると、購入してみてよかったと思う。なにせ僕の部屋は結構散らかっているので、ブログ用の写真を撮るときはいつも構図に悩まされていた。この問題が、撮影ボックスの導入によってかなり改善されるはずだ。

Amazonのレビューを見ると、ガンプラ等の模型撮影にも使われているようだ。折りたためるので保管場所にも困らないし、1つは持っておいて損はない。おすすめです。