Googleアシスタントが日本語に対応し、「Google Allo」が本領発揮

japan.googleblog.com

ついにこの日がやってきた。Googleアシスタントが日本語に対応したのだ。これでようやく「Google Allo」が本領を発揮する。

Googleが開発した新しいメッセージアプリのAlloは、これまでGoogleアシスタントが日本語に対応していなかったせいで、ただのメッセージアプリに過ぎなかった。だが、これからは違う。

早速、機能を試してみた。

日本語の返答

まず、「こんにちは」と話しかけてみると、向こうも「こんにちは」と返してきた。画像を見てもらえばわかるとおり、以前は英語しか話せなかった。

Googleジョーク

Googleアシスタントは、AppleのSiriみたいなもので、文脈を理解して人間らしい返答をしてくれる。たとえば、以下のようなジョークだってできる。

検索エンジンとの連動

また、Googleの検索エンジンと連動しており、たとえば、「今日の経済ニュース」と言えば経済ニュースの一覧を、「猫の画像」と言えば、そのとおり猫の画像を表示してくれる。

天気などの情報を毎日配信

さらに、天気予報や豆知識といった情報を毎日配信することもできる。「天気を毎日教えて」や「豆知識を毎日教えて」と言えばいい。配信リストを編集したい場合は「配信リストを表示」で行える。

ほかにもいろいろ

このほかにも、近くのレストランを検索したり、上映中の映画情報を調べたりすることができる。一番の利点は「別のアプリに移動する必要がない」ということだ。つまり、誰かとメッセージをやりとりしている最中に、気になったことをそのまま調べることができるのだ。

Google AlloはiOSとAndroidの両方で配信されている。気になった人は使ってみよう。

Google Allo — スマートなメッセージ アプリ

Google Allo — スマートなメッセージ アプリ

  • Google, Inc.
  • ソーシャルネットワーキング
  • 無料
itunes.apple.com

play.google.com

そしてGoogleアシスタントが日本語に対応したということは、Pixelスマートフォンも日本で販売されるかもしれない。なんにせよ、今後に期待したい。

おまけ

フリーザ様

どこに住んでいるの?