読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姫呂ノート

散文的な個人ブログ

スポンサーリンク

SPARX ゲームプレイ日記⑦

SPARX

『SPARX』のプレイ日記、第7回。

今回はレベル7「渓谷の国」を攻略する。

前回のプレイ

www.usamihiro.info

『SPARX』の概要

www.usamihiro.info

いよいよ最終レベル、レベル7をスタート。

ガイドのお姉さんに、現在の状態について質問される。そして、SPARXを開始した時点からどれだけ改善したのかグラフで表してくれる。順調に良くなっているようで安心。

さて、セントラルアイランドでメンターに話しかけると、「最後の国」に行ってくれと言われる。いつもどおり、ホキオイに乗って移動。

最後の国は、「渓谷の国」。

審査官に話しかけて、門を開けてもらう。

先へ進むと、ナッツが襲いかかってくる。杖の魔法で撃ち落としていくが、何体も現れるのできりがない。そこで希望の鳥が囮になることに。

またも門がある。ガードマンに話しかけると、「希望の鳥が一緒じゃないので通せない」と言われる。自分の勇気を示すと、門を開けてくれる。

先へ進むと……行き止まり? しばらくうろついていると選択肢が表示される。

助けを呼ぶと、援軍が来てくれる。

彼らによると、スパークスを集めればなんとかなるらしい。空中を移動するスパークスをタップして捕まえる。

20個集めたところ、岩が崩れてハシゴが出現した。これを降りていく。途中、希望の鳥と合流する。

下に降りると、渓谷の谷の住人がいる。彼によれば、力の宝石はナッツの王が守っているという。いよいよラスボスか……。

いきなり嵐がやってくる。その場で持ちこたえよう。

嵐が過ぎ去ったら行動開始。洞窟の手前でナッツが現れる。これまで習ったスキルを活かして倒そう。

洞窟に入ると、複数のナッツが集まり、ゴリラのような怪物になる。これがナッツの王か?

ナッツの王は、小さなナッツを投げつけて攻撃してくる。杖の魔法で撃ち落としていると、希望の鳥がアドバイスしてくる。今が、盾を使うときらしい。

盾を装備した状態でナッツを撃つと、スパークスに変化する。このスパークスでナッツの王にダメージを与えることができる。

ある程度のダメージを与えると、王がその場にへたり込む。話しかけてみると、力の宝石を渡すのは嫌だと言ってくる。ここは素直に理由を聞いてみよう。

話し合いの末、ナッツの安全を保証するかわりに力の宝石を譲ってもらえることになった。

これで、力の宝石は手に入った。ホキオイに乗って帰ろう。

セントラルアイランドに戻り、メンターにミッションを報告。

そして、最後の力の宝石を台座へ……。

これでようやく平和が戻った。

ふと周りを見れば、これまでの旅で出会った人々の姿が……。

さあ、これで旅は終わった。ポータルに入ろう。

ガイドのお姉さんからも労いの言葉をいただく。そしてついに、「自分を憂鬱な気分から守る盾」の全容が明らかになった。

今回の話で学んだこと。

  • 現実的かを検討する。異なる視点で見る。より広い視野を持つ行動をする。
  • たとえもし落ち込んだとしても、遅かれ早かれ希望が戻ってくることは知っている。
  • 周囲に助けを求める。
  • 激しく湧き上がった感情が落ち着くまで待つ。
  • 憂鬱な気分に取り組むためのすべてのスキルを知っていることを自覚する。
  • いつも実感できるわけではないが、自分はいつか状況を変えるとわかっている。

ガイドのお姉さんからアドバイス。憂鬱な気分は戻ってくることがある。もしそうなったら、身につけたスキルを思い出して練習や実践をする。

今回のまとめ。

そして、ついに『SPARX』が終了。

ありがとう、ガイドのお姉さん。

というわけで、レベル7「渓谷の国」をクリアし、『SPARX』の全レベルが終了した。長い旅がようやく終わった。感慨深いものがある。

『SPARX』全体のまとめは、後日、別の記事で行おう。とりあえず今は、ゲームクリアの余韻に浸っていたい。今回はここまで。

スポンサーリンク