読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姫呂ノート

散文的な個人ブログ

スポンサーリンク

SPARX ゲームプレイ日記⑥

SPARX

『SPARX』のプレイ日記、第6回。

今回はレベル6「橋の国」を攻略する。

前回のプレイ

www.usamihiro.info

『SPARX』の概要

www.usamihiro.info

レベル6をスタート。いつもどおり、前回の復習から。

セントラルアイランドでミッションを確認。メンターから「橋の国」へ行ってほしいと言われる。橋の国にはメンターの家があり、そこにパワーストーンがあるという。いつもはなんらかのアドバイスがあるが、今回はすべてこちらに任せる、と。いつもと違う雰囲気。

ホキオイに乗って橋の国へ。

まずは女性と会話をする。

希望の鳥がアドバイスをくれる。ここでは自己主張が必要らしい。

再び女性と会話。「鍵を持っているので門を通ります」と主張する。すると、女性が先へ通してくれる。

門の前でナッツと戦う。その後、門のパズルを解く。

先へ進むと、またナッツがいる。弱気な発言をしないように気をつけよう。

次の門では、正しいワードを入力する。

その先でまたもナッツ。どうやら今回はこういうパターンらしい。

3番目の門。アルファベットを並べて単語を生成する。一見すると英語の知識が必要に見えるが、正しくないアルファベットは穴にはまらないので、当てずっぽうでクリアできる。

その後もナッツと戦って、4番目の門へ。「行動する」を表すアルファベットをタップする。

すべての門を超えると、その先に寺院がある。門番の女性がいるので会話をする。

規則だから通せないと言われる。落ち着いて説得しよう。

会話の末、門を通すことはできないが、通用口を使ってくれと言われる。

無事、寺院の中に入れた。宝箱の上にナッツがいるので、杖の魔法を撃ち落とそう。

ナッツを倒せば宝箱からパワーストーンが手に入る。あとはホキオイに乗って帰ろう。

セントラルアイランドに戻ったあとは、いつもどおり台座にパワーストーンを置いて、ポータルに入る。

ガイドのお姉さんによる今回のまとめ。

ネガティブ思考を有益な考えに変換するための「RAPA」という考えた方について教わる。どうやら今回のミッションは、このRAPAに基いて行われていたようだ。

また、RAPAのほかに交渉に関するコツを教えてもらう。

今回のまとめ。「ネガティブ思考を良い考えに交換する」ということについて学んだ。

というわけで、レベル6「橋の国」をクリア。今回はここまで。

スポンサーリンク