読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姫呂ノート

散文的な個人ブログ

スポンサーリンク

Toshiba Chromebook 2 - 2015 Edition(CB35-C3350)レビュー

Google

www.usamihiro.info

先日、東芝のChromebook 2をアメリカのAmazonで購入したことを記事にした。予定では20日以降に到着となっていたのだが、なんと17日に届いた。どうやら優秀な業者さんに当たったようだ。ありがたい。

アカウント設定なども行って、既に使い始めている。そこで今回は、実際の使用感などをレビューしたい。

基本的には僕が持っていた前のChromebookとの比較になる。ちなみにその前機種とは、ASUSのC300MA(2014年発売の、メモリ2GBのバージョン)である。

そして今回購入したのが、Toshiba Chromebook 2 - 2015 Edition(CB35-C3350)。

約2年ぶりに購入した新しいChromebook。はたして、その性能はいかほどのものか……。

外観

見てのとおりのシルバーでございます。端っこにちょこんとある「Chrome」や「TOSHIBA」のロゴが良い。僕はMacBook Airも使っていたことがあるけど、初見であのリンゴマークは自己主張しすぎだと思った。

この写真だと完全にシルバーっぽいのだが、実物はもう少し黒みがある。ダークグレーに近い感じかな。

で、このChromebookは中古品なのだけど、中古ならではの残念な点が1つ。

おわかりいただけるだろうか。yキーが微妙に曲がっているのだ。打鍵自体は問題ないし、もう慣れたけど、やっぱり最初に見たときは違和感があった。

ちなみに、打鍵感はMacBook Airに似ていると思った。深くはないけど浅くもない、ナチュラルな感じ。

メモリとCPU向上による恩恵

さくさくでございます。快適でございます。

メモリが4GBになったことと、CPUも「Intel Core i3-5015U」というよさ気なもの(CPUには詳しくない)になったおかげで、前のChromebookとは比べ物にならないほどスピードアップした。

前のChromebookは、たとえばGoogleの「Inbox by Gmail」にアクセスすると、完全に開くまでちょっと間が空いたのだけれど、このTOSHIBA君はぱっと開いてくれる。凄い。速度だけなら体感的には高級PCと同じかも。

そしてタブを何個も何個も開いたって固まらない。よい。

ちょっと試しに、Octaneというサイトでベンチマークテストしてみた。

まず、前のChromebook。

次がTOSHIBA君。

スコア 7,507→19,658。なんと2倍以上も上昇している。凄い。

美しいフルHDディスプレイ

フルHDは綺麗。綺麗なのは正義。ノングレアじゃないのが少しだけ残念だけど、それでも満足。やはり画面が綺麗だと文字がくっきり読める。

残念な点:ファンレスではない

TOSHIBA君はファンが内蔵されているので、起動中に何度もブーン……という音を出す。できればファンレスがよかった。

とはいえ、ファンの音自体は大変静かなので、うざいというほどではない。これまでのところ「ブオオォォーン」という爆音は一度も起こっていない。

総合的に大変満足

2015年の発売なのに、いまだに「2016年のベスト」に名前が上がるTOSHIBA君。その評価に違わず、高い性能をこれでもかと発揮してくれる。非常に優秀な子だ。

輸入品だから値段が高めになったけど、それでも5万円でこれが買えたのは素晴らしい。

もしChromebookの購入で悩んでいる人がいたら、このTOSHIBA君をおすすめしておきます。アメリカのAmazonを利用することになるけど、登録の方法を説明したブログ記事(リンクは前回の記事に貼った)があるので、それを基にチャレンジしてみるのもいいでしょう。

というわけで、TOSHIBA君ことToshiba Chromebook 2 - 2015 Edition(CB35-C3350)のレビューだった。終わり。

スポンサーリンク