読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姫呂ノート

散文的な個人ブログ

スポンサーリンク

ビデオ通話アプリのGoogle DuoとメッセージングアプリのGoogle Alloが日本でも配信中

Google

今年のGoogleのイベント(Google I/O 2016)で発表された2つの新作、ビデオ通話アプリの「Google Duo」とメッセージングアプリの「Google Allo」が、日本でも使えるようになった。

iOSとAndroidの両方に対応しており、それぞれストアからダウンロードが可能。

この両アプリについて、おさらいしてみよう。

Google Duoについて

Google Duoはビデオ通話専用アプリ。非常にシンプルで、電話番号を登録することですぐに使うことができる。

速度と通話の安定性が重視されており、電波の弱いところでは自動的に解像度を落としてくれる。また、Wi-Fi通信とモバイルデータ通信が切り替わっても通話が途切れることはないという。

特徴は「ノック機能」と呼ばれるもので、電話をかけてきた相手が、どんな用事でかけてきたのかを事前に知ることができる。

また、通話はエンドツーエンドで暗号化されており、プライバシーも配慮されている。

youtu.be

iOS版をダウンロードする

Android版をダウンロードする

Google Alloについて

ビデオ通話アプリとしてほぼ基本的な機能のみで構成されているDuoと異なり、メッセージングアプリのGoogle Alloには革新的な機能がいくつかある。

1つ目は、テキストの大きさを自在に変更できること。これにより、大声で主張したいことは大文字で、逆にぼそぼそつぶやきたいときは小文字にしたりと、より自分の気持ちを伝えやすくなった。

次に、「スマートリプライ」。これはアプリがユーザーの入力スタイルを学習し、その場面にあった最適な返答を提示してくれるというもの。これを使えば、ユーザーは文字を入力することなく、ワンタップで返信できる。

3つ目が、「Googleアシスタント」。ユーザーと対話する「チャットボット」と呼ばれるもので、チャット中にそのまま検索ができたり、旅行の計画を立てたり、映画のチケットを買ってくれたりと、ユーザーのやりたいことをサポートしてくれる。AppleのSiriやMicrosoftのコルタナのようなものだが、後発なだけあり、できることはさらに幅広い。

これに関しては、以前にも当ブログで記事を書いている。

www.usamihiro.info

ただし残念なことに、スマートリプライとGoogleアシスタントは現時点で日本語に対応していない。Google Alloの肝といえる機能なだけに、なるべく早い対応を望む。

このほかにも画像に落書きできる機能や、LINEにおけるスタンプのような「ステッカー」も搭載されている。

Google AlloはDuoと異なり、常時暗号化されているわけではない。これは、スマートリプライなどのためにユーザーの使用状況を学習する必要があるからだ。そのかわり、Alloにはシークレットモードが搭載されている。プライバシーが不安な場合は、これをオンにすればいい。

youtu.be

iOS版をダウンロードする

Android版をダウンロードする