読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姫呂ノート

散文的な個人ブログ

スポンサーリンク

KDDIの新ブログサービス「g.o.a.t」のベータ版を触ってみた

アプリ・サービス

www.usamihiro.info

そういうわけで、KDDIの新ブログサービス「g.o.a.t」(ゴート)のベータ版が公開された。

ベータ版は、事前登録した人を先着順で案内しているようだ。どうも僕はかなり早いほうだったらしく、公開された日の夜には案内が届いていた。

そこで今回は、g.o.a.tベータ版を使ってみた感想をレポートしよう。

g.o.a.tのベータ版を使う方法

まずはベータ版を使う方法から。

g.o.a.tのサイトを開いて、自分のメールアドレスを登録する。上述のとおり順番で案内しているので、自分の番が回ってくるまで気長に待とう。

案内のメールが届いたら、記載されているリンクからアカウント登録をする。登録が完了すれば、g.o.a.tを使うことができるようになる。

g.o.a.tの見た目

実際にg.o.a.tでいくつかテスト的な記事を作成したので、それを見てほしい。

https://uhiroid.goat.me/

g.o.a.tを使ってみた感想

g.o.a.t内の記事でも書いたが、「日本版Medium」という表現がしっくり来る(主にエディターの使い心地的な意味で)。

ただし、Mediumがコミュニティとしての機能も兼ね備えているのに対し、g.o.a.tは今のところ「記事を書くだけ」しかできない。

SEO的な優位性もないと思われるので、記事を読んでもらうためにはSNSで拡散するしか方法がない。

ぱくたそ、Pexels、Aicoccoの画像を自由に(かつ、スムーズに)使えるのは素晴らしい。簡単な加工もg.o.a.t内で行える。公式がプッシュしていただけはあり、ビジュアル重視のコンテンツを作成するのに便利。

その反面、文章だけの記事だと、ほかの記事と並んだときに見劣りしてしまう。そのため、「最低でもトップに画像を置くこと」がなかば義務になってしまっており、Mediumよりもハードルが上がっている。

なにより、ブログサービスとして見たとき、足りない機能が多すぎる。独自ドメイン設定不可、タグによる管理不可、アドセンスの利用不可、記事のインポート&エクスポートも不可と、できないことばかり。他ブログから引っ越すメリットがない。

まあ、これはベータ版だし、今後正式版に向けて機能が追加されていくんだろう……と思っていたところ、開発者がこんなことを書いていた。

まだ多少の悩みはありますが、g.o.a.tはよりg.o.a.tらしい機能を優先的に投入していこうと思っています。反対に、普通世の中一般的にBlogと呼ばれるサービスにはあるだろうと思われる機能がなかったりします。これはその機能を付けないというよりも、開発の優先度を落とすというほうが正確です。理由は簡単で、今世の中一般にあるブログの機能を追加したところで、一般的なブログになるだけで、それを僕らが求めているわけではないからです。

今後のg.o.a.tの開発方針 - SOUL TO SQUEEZE - g.o.a.t

普通のブログにある機能は優先しないそうです。えぇー……。それだと、「コミュニティ機能がないMedium」でしかないぜ?

とにかく、今後のロードマップが示されていない現状では期待するのは無理。なので、g.o.a.tはしばらく放置して、新しい機能が追加されたら、またチェックすることにした。

スポンサーリンク