読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姫呂ノート

散文的な個人ブログ

スポンサーリンク

スマホの壁紙で迷ったら「Meter」にしておけばいい

アプリ・サービス

今の壁紙には飽きた。それで新しい壁紙をいろいろ試しているが、どれもしっくりこない……。

そういうときに便利なのが、ライブ壁紙アプリの「Meter」だ。

MeterはGoogleが手がけたライブ壁紙で、Android4.3以上のOSに対応している。iOSには未対応。

その特徴は、バッテリー残量、電波強度、通知数の3つを視覚的に表現していること。

Google Playからアプリをインストールし、端末の壁紙に設定すると、「円」「逆三角形」「四角形」のいずれかが表示される。

円がバッテリー残量、逆三角形が電波強度、四角形が通知数をそれぞれ表している。

円は、大きい円のなかにもう1つ円がある。バッテリー残量が減っていくと、もう1つの円がどんどん小さくなっていく仕組みだ。

逆三角形は、電波が弱くなると三角形のなかの色がなくなっていく。ちなみにWi-Fiの場合は色が薄緑色になる。

四角形は、そのときの通知数に比例して横線が増えて四角が分割されていく。下の画像では通知が2つあるので、横線が1本増え、四角が2分割されている。

これらの3つは、スマホをスリープから解除した際にランダムで表示され、何らかのアプリを起動してホーム画面に戻るたびに表示が入れ替わる。

このように「ちょっと便利」なライブ壁紙なのだが、デザインに癖がないため、見ていて違和感がない。そのため、「どんな壁紙にしてもしっくりこない」という場合、とりあえずMeterを設定しておけばイライラすることがない。

play.google.com