読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姫呂ノート

散文的な個人ブログ

スポンサーリンク

『ゼノブレイドクロス』発売から1周年、公式アートワークスから続編の可能性を考える

読書

ゼノブレイドクロス ザ・シークレットファイル アート・オブ・ミラ

ゼノブレイドクロス ザ・シークレットファイル アート・オブ・ミラ

気づけば発売から1年が経過していた『ゼノブレイドクロス』。今ではもう惑星ミラでの冒険も懐かしい。当時のプレイを思い出しつつ、ふと公式アートワークスを手にとった。

『ゼノブレイドクロス ザ・シークレットファイル アート・オブ・ミラ』は、公式の設定資料集だが、これまでのゼノシリーズと違い、ストーリーに関する言及は最低限しかない。そもそも『ゼノブレイドクロス』本編でストーリーの比重がかなり低かったので、あまり語るところがないのだろう。

このストーリー性の低さは、多くのゼノファンをがっかりさせた。『ゼノギアス』から前作『ゼノブレイド』まで、高橋哲哉監督が手がけたゼノシリーズはストーリーに力が入っていることが特徴だったのだが、『ゼノブレイドクロス』ではそのお約束が反故にされたからだ。

一応断っておくと、『ゼノブレイドクロス』はけっしてクソゲーではない。むしろ、ゲームとしてはまちがいなく面白い部類に入る。ただ今作では「惑星ミラの探索」という部分に比重が置かれていたため、いつものような壮大なストーリーを期待していたファンは肩透かしを食った、というだけだ。

しかし、今考えると、ストーリー性が低くなってしまったのはモノリスソフトとしてもやむを得ない判断だったのかもしれない。

『ゼノブレイドクロス』はオープンワールドのゲームで、5つの広大な大陸をシームレスに移動できる点が特徴なのだが、マップが広大すぎるため、素人目に見ても膨大な作業量が要求されたことは明らかだった。しかも、モノリスソフトにとっては初のHD機での開発である。ここでさらにメインストーリーを充実させようとしたら、完成までに何年かかるかわかったものではない。だからこそ、今作では断腸の思いでストーリーを最低限に留めることにしたのではないか。

ところで、『ゼノブレイドクロス』にはある噂がある。それは、既に本編の続きとなるストーリーが描かれる続編が制作中である、という噂だ。

もともと『ゼノブレイドクロス』のストーリーが、続編の制作を前提にしていたことは、そのラストから容易に推測できる。この作品における地球人は、機械で作られた仮初の肉体であり、「セントラルライフ」と呼ばれる施設から送信される意識データによって動いている、という設定だった。ところが本編のラストで、実は「セントラルライフ」はとっくに壊れており、地球人の意識データは、彼らが惑星ミラに不時着した時点で失われていたことが明らかになる。大元の意識が失われているはずなのに、なぜ人々は動いていられるのか……という謎が提示されてストーリーは幕を閉じる。この謎こそが、「続編を制作する」というスタッフからのメッセージである可能性は高いだろう。

そして、その予想をさらに裏づけるのが、『ゼノブレイドクロス ザ・シークレットファイル アート・オブ・ミラ』に収録されている「未確認資料」である。この「未確認資料」には気になるデータの数々が収録されている。

  • 「主人公」と呼ばれるキャラクター(明らかにアバターではない個性がある)
  • 「親父」「レイナ・サクラバ」「エメリー」(本編に未登場のキャラ)
  • 「黒騎士」と呼ばれる甲冑の人物(ライバルキャラっぽい)
  • 「ニール・ネール」という女性(本編のあるクエストに登場したドールと同じ名前)
  • 「主人公機(アレス)」(紫色をしており、明らかに本編のアレスとは異なる)
  • 戦艦「ドレッドノート」(地球製の飛行戦艦?)
  • 惑星ミラの全景(明らかに本編に登場した以上の大陸がある)
  • 「薔薇の園」(惑星ミラの衛星軌道上にあると思わしき異星人の施設)
  • 「ニュートーキョー」「秋葉原」「ニュートーキョーのドール」(新しい街の存在?)
  • 「ルー元の姿」(悪魔王ルシファーを思わせる禍々しいシルエット。なお、『ルー』の文字は一見すると黒塗りで潰されているが、光を当てて角度を変えると読むことができる)

惑星ミラに残された謎、グロウスとは別の異星人勢力、そして公式アートワークスに収録された「未確認資料」の内容……どれも続編の存在を強く感じさせるものばかりだ。

続編は制作中なのか。そうであってほしい。これは惑星ミラを冒険したすべてのブレイドの希望だろう。そして次のゼノこそは、ゲームシステムの面白さと壮大なストーリーが融合した「究極のゼノ」であることを願ってやまない。

XenobladeX (ゼノブレイドクロス)

XenobladeX (ゼノブレイドクロス)