読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姫呂ノート

散文的な個人ブログ

スポンサーリンク

今年のゴールデン・ウィークは風邪で大変だった

雑記

今週のお題「ゴールデンウィーク2016」

せっかくのゴールデン・ウィークなのに、風邪を引いた。今はようやく体調がマシになってきたけど、昨日は本当に危なかった。

今年の5月は幸先が悪いスタートとなった。僕のゴールデン・ウィークは、仕事があることはあるのだが、それも週2日だけで、やはり普段よりは休みが多い。しかし、風邪を引いたせいで休日のほとんどが潰れてしまった。

記録もかねて、この5日間の自分の状況を思い出してみよう。

思えば5月1日から兆候はあった。朝に目覚めてから、少しのどが痛かったのだ。とはいえ、この時点では薬を飲むほどでもなかったし、映画館で『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』を鑑賞してきたりして機嫌が良かった。

その翌日に若干身体がだるくなり、のどの痛みが無視できないレベルになったので鎮痛剤を飲んだ。このときから「風邪かな?」と想像しはじめる。疲れが溜まっていたこともあり、おとなしく家で休んでいた。この1日だけしっかり休めば治るだろう、と楽観視していた。

で、一昨日と昨日が仕事だったのだが、たぶんここで風邪が一気に悪化したっぽい。鎮痛剤でのどの痛みはおさえていたのだが、悪寒がすると同時に頭がふらふらして仕事に集中できない。昨日なんて最後のほうはくしゃみが止まらなくなり、立っていることさえつらかった。

この時点で「完全に風邪だ」と確信。帰宅後は即、軽く食事をして薬(鎮痛剤に加え、鼻炎と発熱用のもの)を飲んでベッドの上に倒れこんだ。確か、22時30分のことだったと記憶している。

ベッドに入った直後は息苦しくて眠れなかったが、薬が効いてくるにつれてだんだん楽になり、おそらく1時間後には眠っていたと思う。その後は死んだように眠り続け、次に目覚めたとき(つまり今日)、時刻は正午間近だった。

まだ身体はだるかったが、鼻水も昨日に比べればはるかにマシになったし、体温を計ってみたところ平熱だった。ひとまずは安心したが、油断をするのは早いと思い、食事と薬3種を飲んでまた眠った。実は地元で祭りが行われているので見物に行きたかったのだが、今回は見送ることにした。

夕方に起きると、今朝よりも体調は回復していた。暇だから何か映画を見ようと思い、Google Playのサイトを開いた。現在、Google Playでは映画1本のレンタルが半額になるキャンペーンをやっているので、それを利用しようと思ったのだ。

1日に『シビル・ウォー』を見たきたせいか、また何かアメコミ系の映画が見たかった。しかし、僕はもうアベンジャーズシリーズの映画は全部鑑賞済みである。新たな刺激がほしい。そう思いながら検索していると、『バットマンvsロビン』というアニメ映画を発見したので、これに決めた。

『バットマンvsロビンは』は面白かった。ストーリーはバットマンシリーズの基本的な知識(ブルースの息子にダミアンという少年がいるとか、初代ロビンのディックが現在は独立してナイトウィングというヒーローをやっていることとか)がある人向けだが、信じられないくらい動きがキビキビしているので、戦闘アクションを見ているだけでも楽しい。これに限らず、DCコミック系のアニメは動きがおかしい(いい意味で)。

と、僕のゴールデン・ウィークはそんな感じだった。よりによってこの時期に風邪を引くのかという運の悪さで、なにかこの先も嫌なことが起こりそうな気がする。まったく、生きることは大変だ。

バットマン VS. ロビン [Blu-ray]

バットマン VS. ロビン [Blu-ray]