読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姫呂ノート

散文的な個人ブログ

スポンサーリンク

未だに秋元康の「女の子は頭からっぽでいい」歌詞は問題ないと言っている人へ

社会

少し前に炎上したHKT48新曲「アインシュタインよりディアナ・アグロン」の歌詞。最初に見たときから「これはさすがにアウト」と思っていたのだが、ネットの反応を調べていると、どうもこの歌詞を擁護する意見も少なくないようだ。今回は、この擁護意見を元にしつつ、なぜ「アインシュタインより〜」の歌詞がアウトなのか、自分なりに説明したい。

はじめに

まず炎上の経緯から。

「アインシュタインより〜」の歌詞は全体的に「女の子は可愛ければそれでいい」という主張であり、特に「頭からっぽでいい」「可愛いは正義よ」という部分がそれを象徴している。加えて、歌詞中に海外ドラマの『グリー』と、そのドラマに出演したディアナ(ダイアナ)・アグロンが登場しているのだが、歌われている内容が明らかに『グリー』ともディアナ本人とも乖離していた。これらのことが合わさり、「女性蔑視的だ」と批判が殺到することになった。

こういう経緯なので、『グリー』を知らないといまいちピンと来ないかもしれない。そういう人は、下記の記事が『グリー』の内容も含めて問題のポイントがまとまっているので、これより先に行くまえに読んでおいてほしい。

spotlight-media.jp

なお、問題の歌詞全文はこちらで確認できる。

www.uta-net.com

以上を踏まえて、代表的な擁護意見を1つずつ見ていこう。

擁護その1「可愛ければそれでいいと考えている女の子は実際にいる」

そういう女の子を心情を歌にしただけなので、秋元康に女性蔑視的な考えがあるわけではない、という意見。まずはこれを見ていこう。

「可愛ければそれでいいと考えている女の子は実際にいる」これはまったくその通り。この歌詞で表現されているような女の子がいることは否定しない。ただし、「アインシュタインより〜」の場合は『グリー』が引き合いに出されている点が問題につながっている。もしこの部分がなければ、まさしく擁護の通りなのだが……。

この歌が『グリー』のメッセージをいかに曲解しているかは、上のリンクを読んでほしい。そして想像してほしいのだが、果たして『グリー』を視聴した女の子、それも「ディアナ・アグロン」という役者名を引き合いに出すほど作品を鑑賞した女の子が、『グリー』のメッセージを曲解するだろうか?

するわけがない。もしそういう女の子が本当にいたとしても、かなり特殊な例になる。そんな特殊事例を想定するよりも、「作詞家が歌のために『グリー』のメッセージをあえて歪めた」と解釈するほうがはるかに自然だ。

こうして「女の子の心情を歌った」という建前が崩れたわけだが、それでも「可愛ければそれでいいという思想は否定されるべきなのか?」という問題は残る。これに関しては後半で述べる。

擁護その2「この歌詞は皮肉であり、本当はこういう女の子を否定している」

歌詞全体が実は皮肉で、秋元康の本心はこの逆、つまり「頭からっぽでいい」なんて思っているわけではない、という意見。

が、この意見もあまり説得力はない。もし本当に皮肉ならば「これは皮肉だ」とわかるような部分を挿入するはずだが、歌詞を何度読んでみても、そういった部分は見当たらない。この歌詞は、「女の子は可愛ければそれでいい」というテーマへの肯定であふれている。

もし「アインシュタインより〜」の歌詞は皮肉だと主張するなら、その根拠を教えてほしい。「私には皮肉に見えた」という曖昧なものではなく、「歌のこの部分が皮肉を表している」と具体的に言ってもらいたい。

ついでにもう1つ、この歌が肯定にあふれているという根拠を提示しておこう。それは他ならぬ公式のPVである。このPVは全体的に明るいイメージが貫かれており、登場する女の子たちに対する否定的な要素は一切ない。これを見ると、やはりこの歌には皮肉的な意図は込められていないと判断するのが正しいように思える。そもそも皮肉であるなら、騒ぎになったとき「これは実は馬鹿な女を揶揄した歌なんですよ」と白状しそうなものだが……。


【MV】アインシュタインよりディアナ・アグロン [なこみく & めるみお] (Short ver.) / HKT48[公式]

※「『グリー』のメッセージを曲解していることが皮肉の証拠」と言われそうだが、そのような女の子が存在する可能性は皆無に等しいことは上述の通り。

擁護その3「これは架空の女の子の歌であり、秋元康の思想を表現したものではない」

「小説、映画、アニメ、漫画などのフィクションに登場するキャラクターはあくまで独自の思想を持っており、あるキャラクターの思想がそのまま作者の思想に直結するわけではない」というのをこの歌にも当てはめた意見。要は、これも「秋元康は本心ではそんなことを考えてはいない」と言いたいわけだ。

しかし、この擁護もやはり筋が悪い。というのも、確かにキャラクターは作者の思想とは分けて考えることができるが、「作品全体のトーン」は作者の思想と分けるのは困難だからである。創作をやった人ならわかると思うが、「作者が普段から否定している考えを作中で全面的に肯定する」ことはまずありえない。思考実験的に普段否定しているものをキャラクターに肯定させることはあるが、その場合は必ずといっていいほどカウンター的な展開(あるいはカウンター的なキャラクター)が描かれる。そして上述のように、この歌に否定的な要素は見当たらない。ということは、少なくとも秋元康は「女の子は可愛ければそれでいい」という考えを否定していないのである。

そもそも、女の子が架空なのはわかりきっていることで、だからなんなのか、という話。「では、このような女の子を設定した理由はなんですか?」とか、「つまりこの歌で何を表現したかったんですか?」と質問を重ねれば、問題はたちまち秋元康の思想の話になるではないか。

最大の問題は秋元康の立場

これまで見てきた通り、「アインシュタインより〜」は秋元康の考えから生み出されたものであり、内容に皮肉的な意図はない。そうすると残る問題は、この歌の主張が女性蔑視的といえるのか、という点になる。確かに『グリー』を引き合いに出したのは失敗だったが、思想そのものは否定されるべきではない、という意見もあるだろう。

そこで関わってくるのが、秋元康の立場である。

彼は、現在日本最大級のアイドルグループ「AKB48」の総合プロデューサーであり、同時にベテランの作詞家でもある。自身の名を冠した事務所を持ち、2020年東京五輪組織委員会の理事を務めもする。

特にアイドルグループのプロデュース業に関していえば、彼の仕事は「可愛い女の子」を売りだして「お金を稼ぐ」ことである。

そういう立場の人物が、「女の子は可愛ければそれでいい、頭からっぽでいい」という歌詞を書いた。

これは、女性蔑視と受け取られてもしかたないだろう。せめてアイドルと同じ女性が書いたのならもう少しマシだったかもしれない(それでも相当ひどい)が、権力を持った男性の手で書かれたという事実が余計に女性蔑視を連想させる。

もちろん世の中には「無自覚な差別」というのもあるわけで、本当のところでは秋元康に明確な悪意があったのかどうかはわからない。今回の騒ぎを真摯に受け止めて、同じ過ちを繰り返さないようにしてくれたら良いと思う。ただ、少なくとも例の歌詞は、その背景まで考慮すると「女性蔑視的」だし、それを発表してしまった彼は考えが浅かったといえる。