読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姫呂ノート

散文的な個人ブログ

スポンサーリンク

Googleが新しいブックマークサービス用の拡張機能をリリースした意図とは

Google

先日の4月15日、Googleが新しいブックマークサービス用のChrome拡張機能を公開した。「Save to Google」という名前で、こちらからインストールできる。

「Save to Google」の使い方はいたって簡単。拡張機能をインストールしたあと、気に入ったウェブページ上で黄色い星形のボタンを押すだけ。保存したページはhttps://www.google.com/save/me?hl=en-USにアクセスするか、または拡張機能のボタンを右クリックして「保存したページを表示」から見ることができる。

特徴としては、ブックマークが小さなカード形式で表示されることと、複数のブックマークをタグで分類することができること。最低限の機能はそろえている感じ。

ここからが本題なのだが、実はGoogle公式のブックマーク用拡張機能は既に存在する。「ブックマーク マネージャー」というもので、こちらは下記の記事が詳しい。

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20141031_674001.htmlinternet.watch.impress.co.jp

今回、この「ブックマーク マネージャー」とは別に新たなサービスをブックマークサービスをリリースしたかたちになるのだが、その意図はなんだろうか。

時計の針を戻そう。Googleがブックマークサービスの刷新に動いているという噂は数年前からあり、そのときは「Google Stars」という名称だった。結局、この「Google Stars」は上述の「ブックマーク マネージャー」としてリリースされたのだが、ユーザー間の評判はあまり良くなかった。しかも、いつの間にか目玉機能だった「ブックマークフォルダをシェアできる」機能が削られていた。

そして、今回の「Save to Google」のリリースである。おそらく、Googleは「ブックマーク マネージャー」に見切りをつけ、ブックマークサービスを1から作りなおそうとしているのではないか。

「Save to Google」は、今のところタグ管理くらいしかできないが、これから徐々に機能が追加されていくのだろう。そもそも、インターフェイスが英語のみである点からして、まだテスト段階なのだと思われる。

個人的にはシェア機能の復活や、スマホ用のアプリもリリースしてくれたら嬉しい(さすがに現在のスマホ用Chromeのブックマークは使いづらい)。まあ、まだ登場したばかりなので、これから長い目で見守っていこうと思う。