読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姫呂ノート

散文的な個人ブログ

スポンサーリンク

ようやくバイトが決まった

雑記

つい先日、ようやくバイトが決まった。長かった。1月から就活をはじめたので、2ヶ月もかかったことになる。1月に書いた下の記事が懐かしい。

uhiroid.hateblo.jp

しかし、正社員ならともかく、アルバイトで2ヶ月もかかってしまうとは……。予想以上に苦戦した。

最初は自分の精神疾患もオープンにしていたのだが、だんだん、それでは採用されないことがわかってきた。予想はしていたが、世間は精神病者に冷たい。表向きは同情するふりをして、裏ではとっくに切ることを考えている。そして不採用の通知を送ってくるわけだ。「まことに申し訳ございませんが、今回は〜」というあれだ。正社員ならわかるが、バイトでそこまで慎重になるのか、少しくらい試してくれてもいいじゃないか、と思う。そういうわけで、先月の半ばからはクローズ(病気を伏せたまま就活すること)に切り替えた。

社交不安障害の自分には接客業がつらいのはわかりきっていたので、なるべく人との関わりが少ない職種を選ぶようにした。最初のうちは事務系を狙っていたのだが、これはことごとく不採用になった。たぶん、経験者のほうが優遇されたのだろう。そこで次に、飲食店のキッチンを狙うことにした。キッチンなら以前にもバイトをやっていた経験があるので、採用されやすいのではないか、と考えた。結果的にキッチンで採用されることになったので、成功だった。

月々の食費や通信費などで貯金が減っていくので焦っていたが、これでひとまずは安心だ。あとはクビにならないよう、しっかりやろう。

就活をはじめた当初は面接に行くのもつらかったが、数をこなしていくにつれてだんだん慣れてきた。また、ありとあらゆる仕事ができる気がしなかったが、最近は「自分でもやれることがあるのではないか」と前向きに考えられるようになってきた。結果的に2ヶ月もかかってしまったが、ちょうどいいリハビリになったと思う。やはり、行動してみないと治らないものなんだな。