読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姫呂ノート

散文的な個人ブログ

スポンサーリンク

【Googleアドセンス】レスポンシブ広告の形を横長、縦長、レクタングルで固定する方法

ブログカスタマイズ

Googleアドセンスのレスポンシブ広告で、横長のみ、縦長のみ、レクタングルのみといった設定ができることを発見した。

レスポンシブ広告とは

Googleアドセンスの広告ユニットの1つで、その名の通り、デバイスのモニターサイズに合わせて広告のサイズも変えてくれる。まあ、アドセンスをやっている人なら誰もが知っているだろう。

一見すると便利なのだが、ちょっとした罠がある。スマホの場合はレクタングル(大)、もしくはレクタングル(中)を表示してくれるのだが、PCの場合だと、これがサイズの問題で横長の広告になってしまいがちだ。

PCでもレクタングルにしたいなら最初からレクタングルの広告ユニットを選べばいいじゃん、と思われるかもしれない。それはそうなのだが、レスポンシブ広告はレクタングル(大)と(中)をデバイスのサイズに合わせて自動で選択してくれるので、その点が便利なのだ。できれば、レスポンシブ広告でいきたい。

レスポンシブ広告でフォーマットを固定する方法

この問題をなんとか解決できないかと調べてみると、レスポンシブ広告でフォーマットを固定する方法があることがわかった。

やり方はこうだ。

広告のコードを表示すると、以下の文字列がある。

data-ad-format="auto"

このうち「auto」と書かれた部分を変更すればいいのだ。

  • レクタングルのみ=autoをrectangleに書き換える。
  • 横長のみ=autoをhorizontalに書き換える。
  • 縦長のみ=autoをverticalに書き換える。

たとえば、レクタングルのみにしたい場合、記述は「data-ad-format="rectangle"」となる。

この方法で、レスポンシブ広告のフォーマットを固定することができる。

まとめ

サイトのデザインにもよるが、基本的にはレクタングルが一番効果的らしい。現在のところ、このブログでは、タイトル下の広告がレクタングルだと邪魔な感じになったので、そこだけ横長にしている。しかし、それ以外はやはりレクタングルだ。

繰り返しになるが、レスポンシブ広告だとデバイスに合わせて(大)と(中)を自動で切り替えてくれるので、非常に便利だ。

追記

広告の位置はいろいろ試しながら都度変更を加えているので、いつまでもこの記事の通りの貼り方をしているわけではない点に注意されたし。