読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姫呂ノート

散文的な個人ブログ

スポンサーリンク

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』への期待と不安

アメコミ

先日、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の最後の予告編が公開されたので、これを機に映画に対する期待と不安を書いておく。


スパイダーマン登場!『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』予告編

スパイダーマンの参戦確定

以前から参戦するらしいとは言われていたが、今回の予告編でようやくその存在が明かされたスパイダーマン。無事、マーベル・シネマティック・ユニバースへの出演が決まってよかった。

知らない人のために説明しておくと、このスパイダーマンはサム・ライミ監督の『スパイダーマン』シリーズはもちろん、リブート作の『アメイジング・スパイダーマン』シリーズとも関係ない、まったく新しいスパイダーマンだ。いろいろあって、マーベル・シネマティック・ユニバースへの出演にあたって再リブートされることになった。

このピーター・パーカーはまだ高校生らしい。たぶん、『アベンジャーズ』のニューヨーク決戦後にスパイダーマンになったのだと思われる。

予告編ではセリフが1つしかないのでまだ何とも言えないが、なんか棒読みっぽい声だ。YouTubeで外国人の反応を見てみると同じように感じた人がいるようで、「これじゃスイダーマンだ!」とか、その格好から「これダーマ(東映版のスパイダーマン)じゃね?」というコメントがあって、大変笑った。と同時に、少し不安である。まあ、本編になればいつものように軽口を叩いてくれると信じよう。大丈夫大丈夫。まだ慌てる時間じゃない。

キャラクター描写に関する不安

『シビル・ウォー』はアベンジャーズがアイアンマンチームとキャップチームに分かれて戦うという物語だが、タイトルに「キャプテン・アメリカ」と入っているように、あくまで主役はキャプテン・アメリカ。『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』から続く、キャップ映画の第3弾だ。前作に引き続き、監督を務めるのはルッソ兄弟。

『ウィンター・ソルジャー』は観客のあいだで好評だった。僕も面白いと思ったのだけど、不満も残った。それは、主人公のキャプテン・アメリカ=スティーブ・ロジャースの描写だ。超人っぷりが強調される一方で、性格面の描写が弱いと感じた。

詳しく言うと、なぜキャプテン・アメリカがみんなから支持されているのか、その説明描写が不足していると感じた。映画の終盤で、キャップが「これは全部ヒドラの陰謀だったんだ!」と演説するシーンがあるけど、なぜあの説明だけでシールドの職員は納得してしまったのだろうか。『ウィンター・ソルジャー』時点のキャップは、第二次大戦の英雄でニューヨークの決戦でも活躍した人だけど、作中の大半の人からすれば「歴史書でしか知らない人」だ。そういう人が、証拠もなしに「悪の組織が陰謀を企てている」と言ったところで、そう簡単に信用してもらえるだろうか。正直、あのシーンは出来過ぎだと思った。

もちろん、ニューヨークの決戦から時間がたっているから、そのあいだにシールド内で信頼関係を築いていったという想像はできるけど、作中でそういう描写が充分にされていたとは言いがたい。

キャップの性格に関しては、ジョス・ウェドン監督のアベンジャーズ2作や『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』のほうが、ちゃんと描写されていた。個人的には『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』でキャップの第一声が「言葉が汚い」だったのは笑ったし、トニーが「負けたらどうするんだ」と言ってきたときに「また団結するんだ!」と返したのは最高だった。そして、こういう人物だからこそ、アベンジャーズのリーダーはキャップなのだと納得できた。キャップに限らず、キャラクター描写に関してはジョス監督のほうがルッソ兄弟よりも上だ(少なくとも現時点では)。

『シビル・ウォー』は前作よりもキャラクターが増えている。そのため、前作よりもさらに性格描写がおろそかになるのではないか、という不安を感じる。

ルッソ兄弟に期待できる点

一方、ルッソ兄弟に期待できるのは、アクション描写だ。前作を見る限り、「キャラクター描写とは関係ない、純粋なアクション」に関してはルッソ兄弟はかなり得意なようだ。特にパルクールにこだわりがあるらしい。今作でも予告編で、ブラックパンサーとキャップが道路を疾走するシーンがあった。他にもホークアイとアントマンのコンビネーションが描かれるようだ。

また、前作は現実の社会問題や政治事件を連想させるシナリオが評価された。今作でも、何かそういうメタ的な仕掛けがあるかもしれない。

ルッソ兄弟は、今後、アベンジャーズ最新作の監督も務めることが決定している。今作の出来次第で、その最新作にも期待できるかどうかが決まるだろう。

公開日は4月29日

日本では、全米よりも7日早く公開される。嬉しいね。

おまけ

デッドプールもよろしく!


俺ちゃんの予告だよ!『デッドプール』特別映像