読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姫呂ノート

散文的な個人ブログ

スポンサーリンク

Chromeキャストのすすめ

Google

いつかブログで紹介しようと思っていたところ、ちょうどGoogleが新型のChromeキャストを発表したので、この機会に記事を書くことにした。

Chromeキャストは、テレビのモニターに動画や写真、音楽、ウェブサイトなどを映すことができる製品だ。

Chromeキャストとは

必要なのは、製品以外ではHDMI端子つきのテレビ(最近のものなら大抵はついているはずだ)、スマホの対応アプリ、パソコンの場合はChromeブラウザだ。

設定方法は簡単。スマホにChromeキャストのアプリをインストールして、製品本体をテレビに挿し、あとはアプリとテレビを起動させて画面の指示どおりにするだけ。なお、パソコンで表示させているサイトをテレビに映したい場合は、Chromeブラウザにキャストの拡張機能をインストールすればいい。

詳しい使い方は下記のリンク先を参照。

Learn - Chromecast - Google

ちなみに、Googleキャストを使ってコンテンツをテレビに映すことを「キャストする」と呼ぶので、以下でもその表現を用いる。

では、実際の使用シーンを紹介しよう。

動画をキャストする

スマホアプリのうち、YouTube、Hulu、Netflix、dアニメストア、Googleプレイムービーなどが対応している。

まずテレビを起動すると、対応するアプリにキャストアイコンが出現するので、そのアイコンをタップする。その後に好きな動画を再生すれば、自動的にテレビに表示される。

おすすめは暖炉の動画だ。YouTubeにはさまざまな暖炉の動画が投稿されている。そのうちの好きな暖炉を選んでキャストすれば、あら不思議、テレビが瞬時にバーチャル暖炉に早変わりだ。これで自宅に暖炉がない人でも、冬の暖炉を味わえる。

なお、その他の対応アプリについては、下記のリンク先を参考にしてほしい。

アプリ - Chromecast - Google

写真をキャストする

写真をテレビに映すこともできる。Google純正の写真管理アプリである「Googleフォト」が対応しているのはもちろんだが、それ以外にも、FacebookとFlickrの写真をキャストすることができる。

なに? DropboxやAmazonの写真管理アプリ? 残念ながら、対応しておりません。Appleのフォトアプリ? Appleユーザーの方は、おとなしくApple TVを買いましょう。いえ、もちろん、この機会にGoogleフォトを利用するのだってアリですよ。Googleフォトは写真管理サービスとして非常に優秀ですから。

それはともかく、好きな写真を大画面に映すことは想像以上に気持ちいい。たとえば、風景写真やペットのアルバム、レストランの美味しい料理、動画のキャプチャ、お気に入りの壁紙、好きだった子の思い出など、あらゆるものをテレビで楽しむ。すると、どうしたことでしょう、殺風景だった部屋が一瞬にしてパラダイスになったではありませんか。

ウェブサイトをキャストする

上述したように、拡張機能を使えば、Chromeブラウザで表示しているサイトをキャストすることができる。これにより、自分のサイトをテレビの大画面で堪能することが可能で、ナルシズムの極地とその果てにある虚無感を味わえる。最初はにんまりと笑えてくるが、次第に「俺、何やってるんだろう……」とむなしくなってきてサイトを閉じる。この心境、ブロガーならぜひ一度は体験してみてほしい。

ちなみに、Androidの画面をそのままテレビに映すことも可能。これはこれで楽しい。

コストパフォーマンス

このように、テレビのさらなる活用法を引き出してくれるChromeキャストだが、一番のポイントは、やはりコストパフォーマンスの良さだ。なんと、税込み4980円。単純に、スマホの動画アプリをテレビに映すという用途だけでも充分にお釣りが来る値段だろう。スマホの動画を大画面で見たい、でもタブレットやパソコンは高い。そういう人にうってつけの製品だ。また、新型は第1世代の弱点だった電波関係も改善されているみたいなので、持っていないという人は、この機会に新型を買ってみてはいかがだろうか。

Google Japan Blog: 新しい Chromecast と Chromecast Audio が登場