読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姫呂ノート

散文的な個人ブログ

スポンサーリンク

ジェシカ・ジョーンズ 第2話「AKA クラッシュ症候群」レビュー

ジェシカ・ジョーンズ

「何時間もジャンプさせられた。高く跳べって。走り幅跳びの学校代表で、州の大会で2位だった。でも、あなたには負けると……」


Netflix限定オリジナルドラマ、『ジェシカ・ジョーンズ』のあらすじと感想。今回は第2話。

前回のあらすじと感想はこちら。

uhiroid.hateblo.jp

あらすじ

エピソード2 - AKA クラッシュ症候群

ホープが両親を射殺した事件で、警察の事情聴取を受けるジェシカ。事件の現場が現場だったので、彼女の事務所が警察によって無断で調べられる。その結果、ルーク・ケイジを盗撮していたことがバレてしまう。警察はルークにも聞き込みし、彼に迷惑をかけてしまうことに。ジェシカは、ルークの愛人のジーナが実は人妻で、その浮気調査をしていたと言い訳するも、彼からは嫌われてしまう(ちなみにジーナが浮気をしていたのは本当だが、浮気調査というのは嘘)。

ジェシカは、キルグレイブが「事故」から生き延びられた理由を探る。まずホープに面会するが、絶望したホープは、ジェシカのせいでこんなことになったとして、「自殺すればいいのよ」と彼女を責める。

それでもジェシカはホープを助けるために、彼女の弁護をホガースに依頼する。しかしホガースは、有罪はほとんど確定であるとして、首を縦にふらない。無罪を勝ち取るためには、「キルグレイブという男が存在し、人を操る能力を持っていること」を証明しなければならない……。

事務所に戻ったジェシカは、バス事故の資料を調べる。かつてレヴァという女性が死んだときのバス事故で、キルグレイブもバスにはねられ、死んだはずだった。それがなぜ……。

調べていくと、あの事故のとき事故現場にやってきた救命士のひとりが、突然仕事を放り出して救急車で走り去ったことが明らかになった。その救命士は、ある人物に腎臓をふたつとも提供し、現在はほとんど身動きできず、自宅で機械につながれたまま無意味な生を送っていた。瀕死のキルグレイブが、医者と救命士を操って、救命士の腎臓を自分に移植させたのだ。

その移植手術した医者、デビッド・クラタ博士は、現在は医者を辞めて大学で講義をしていた。ジェシカはクラタ博士をたずねる。すると、確かにクラタ博士がキルグレイブの手術をしたことがわかった。そのときの会話で、キルグレイブの能力は、麻酔による完全な無意識下では無効になることがわかった(睡眠は完全な無意識ではないので、能力の効果は持続する)。

キルグレイブの弱点をつかんだジェシカは、ホガースに報告する。調査結果を受けて、ホープを無罪にできる可能性が出てきたため、ホガースが弁護を引き受けることになった。

調査をつづける傍らで、ジェシカは別のトラブルに遭遇する。ルーク・ケイジから別れを告げられたジーナが逆上し、ジェシカを問い詰めに来たのだ。浮気はジーナの夫も知るところとなり、憤慨した夫はラグビー仲間を集めて、ルークに復讐するつもりだという。それを聞いたジェシカは、ルークのもとへ急ぐ。

バーに到着すると、ちょうどルークが男たちに襲われているところだった。すぐにジェシカは助けに入る。大人の男を簡単に投げ飛ばしていくジェシカに、ルークは驚く。一方、驚いたのは彼女も同じだった。ルークは酒瓶で殴られようが、割れた瓶の口で突き刺されようが、まったくの無傷だった。男たちを倒したあと、ジェシカはバーを去った。

しかし後日、ルークがジェシカの事務所をおとずれた。彼は、ジェシカの怪力は「俺は見た」とはっきり告げる。はぐらかすジェシカだったが、そんな彼女にルークは、電動ノコギリのスイッチを入れて、高速回転する刃を自分の腹に当ててみせる。明らかな自殺行為だったが、それでもルークの腹には傷ひとつなかった。「俺は壊れない」というルーク。彼もまた、ジェシカと同じ超人だった……。

感想

キャラクターの紹介をしつつ、後の展開のための伏線を張っている、という印象。

たとえば、弁護士のホガースは今回の話のなかで、妻に浮気がバレたことがさらっと描かれている。この一見本筋と関係なさそうなエピソードも、後の展開に大きく関わってくる。

親友のトリシュはジェシカを心配していろいろ世話を焼くのだが、彼女をキルグレイブと関わらせたくないジェシカは、「余計なことはしないで」と突き放してしまう。本音ではジェシカも誰かを頼りたいのだが、キルグレイブの能力を考えると、うかつに他人と接触するのは危険だ。それがジェシカの孤独を深めている。一方、トリシュはトリシュで、極秘で護身術の訓練をしており、一緒にキルグレイブと戦う気満々である。トリシュは何の能力もない一般人だが、こういう人がそばにいると心強いだろうな、と思う。

さて、キャラクター紹介といえば、肝心のキルグレイブである。今回の話では、まだ後ろ姿しか登場していないが、その危険性は至るところで描写されている。ホープに無意味にジャンプさせたりしていたことはまだかわいいほうで、腎臓を奪われた救命士は、ジェシカに「僕を殺して」と筆談で(口がきけなくなっているので)懇願したほど絶望していた。そして今回の最後のほうでは、見ず知らずの他人の家にあがり込み、うるさい子供をクローゼットのなかに閉じ込める一方で、夫婦には豪勢な料理を用意させた(当然、この夫婦は正気に戻ったらもの凄い罪悪感にさいなまれるだろう)。これらのことからわかるのは、キルグレイブが、他人の感情や意志にまったく配慮しないサイコパスだということだ。この最低最悪の男に、ジェシカは立ち向かわなければならない。

ちなみに、エピソードタイトルの頭に必ずついている「AKA」というのは「also known as」の略で、これは「またの名を〜」といったニュアンスがある。本作のタイトルが企画段階では「AKA ジェシカ・ジョーンズ」だったらしく、その名残りだと思われる。

www.netflix.com

スポンサーリンク